2017年七草粥はいつ食べる?炊飯器レシピや具材についても気になる!

   


2017年七草がゆを食べる日はいつかと言われれば、

それは1月7日です。

スーパーでこの時期は七草がゆセットが並びますよね。

ブログ主「みぃ」もこの1月7日の朝に食べる七草がゆは、

どんなに前日が残業続きでも、食べるようにしていたんですよ。

 

前日の夜遅くになるとスーパーで割引で売っていたりしますからね。

 

年末年始は何かと忙しい主婦も多いかと思いますので、

超絶!簡単にできる「七草がゆ」の作り方を紹介したいと思います。

Sponsored Link

2017年七草がゆを食べるのは1月7日です。前日1月6日に炊飯器にセットするだけ。

七草がゆといえば、正月の暴食で胃もたれ気味の体を

シャンっとさせるため、毎年1月7日の通常は朝に食べますよね。

 

2017年は土曜日ですが、平日で仕事などがある人もいます。

なので、1月6日夜に炊飯器でセットして、翌朝食べるだけの状態にします。

①七草がゆセットをスーパーでゲットする

②水を入れたボールなどで七草を水で良く洗う

③七草を包丁できざむ。

④炊飯器にお米&きざんだ野菜をセットし、おかゆ炊きで予約する

これで、翌朝できあがりです。

 

1~2人なら0.5米で十分です。

鶏がらスープの素を入れたり、塩を入れたり、

凝ったおかゆにしたいときは、貝柱を入れたり毎年アレンジをしています。

仕事で夜11時に帰宅しようが、なぜかこの行事だけは

恒例行事としてやるぞ!と思っていて、忙しいさなか手軽なおかゆの作り方を試したら

炊飯器炊きになりました。

春の七草

七草がゆの由来は中国から?

昔、祖母から、正月でおいしものを食べたら胃が疲れるから、

消化に良いお粥をたべて胃を休めるため、って聞いていました。

胃袋をシャンとさせるためかと思っていたら、

七草がゆのそもそも由来は中国にあったんですね。

 

本来は1月7日の「人日(じんじつ)」の日に行われる「人日の節句」で、

元旦:鶏 2日:犬(狗)、3日、いのしし、4日:羊 5日 牛 6日 馬 7日が人の日として

それぞれ占いをたてていて、唐の時代に、7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願っていたとか。

 

1000年以上歴史がある文化なんですね、びっくり。

Sponsored Link

京都の神社で食べられる七草粥

 

七草粥についてを調べていたら、地方によって具が違うみたいですね。

通常入っている春の七といえば、

芹(せり)/薺(なずな)/御形(ごぎょう)/繁縷(はこべら)/仏の座(ほとけのざ)/菘(すずな)/蘿蔔(すずしろ)です。

1年に一回しか食べない草もありますが、地方によっては手に入りません。

その場合は、ゴボウやニンジン、蒟蒻・モチなんて入っていたりするみたいですよ。

お雑煮の具材が地域で異なるのと似ていますね。

京都では、毎年1月7日の午前中に 七草がゆを振舞う神社があるそうです。

ネットで調べた限りだと、

上賀茂神社、西院春日神社、御香宮神社などで有料ですが食べられるそうです。

風流ですねぇ。

 - イベント・行事, 気になって調べたこと, 食べ物・グルメ , , , , , , , ,