チョコレート小籠包(ディンタイフォン(鼎泰豊))の味は?美味しいの?

   


2月14日のバレンタインデーに向けて
百貨店などで毎年恒例のチョコレートイベントが始まりますね。

2月上旬から2週間という所も多いですが、
今回は、早めにスタートした新宿高島屋のチョコレート展に行ってきましたよ~。

開店10分ぐらいで11階の売り場についたのですが、
すでに目当てのチョコレートを買う長蛇の列がありました。

チョコのブランドにはいまいち疎いブログ主「みぃ」です。

わかるのは、ピエールマルコリーニとか、カカオ・サンパカとか。
すでに東京へ出店しているチョコレート屋さんが分かるぐらいの人です。

Sponsored Link

チョコレート小籠包(ディンタイフォン(鼎泰豊))の味は?熱い?

普段日本にないチョコを追い求める女子たちの熱意はスゴイですよね。

でも個人的には、ちょっとズレた、目新しいチョコレートも好き。

ということで今回は台湾の有名小籠包屋さん、日本初上陸の
チョコレート小籠包ならぬものを食べてきました。

ということで、写真がこちら。

チョコレート小籠包,ディンタイフォン,鼎泰豊,味,美味しい,話題,バレンタイン,価格,
渡されるときに、おあついのでお気をつけ下さい~と言われて、
ちょっとさましてから食べました。

ディンタイフォン(鼎泰豊)といえば、台湾にツアーなどで訪れたら
かならずと言っていいほど、盛り込まれている小籠包の有名店です。

東京にも出店していますので、今回の日本初上陸!!のチョコ小籠包も
2月からは各店舗で食べれるみたいですよ。

そのお味は、一言でいうと、あ、熱々の小籠包の甘いバージョンみたい。
チョコレート小籠包,ディンタイフォン,鼎泰豊,味,美味しい,話題,バレンタイン,価格,

チョコレート小籠包はおいしいの?食べてみた感想

まずは見た目。
中味が濃いチョコだからか、なんだか黒い(笑)

台湾の小籠包のうまさの一つに、皮が薄くてジューシーなことがあると思うのです。

皮は小籠包として食べるのと変わらない薄さでした。

中のチョコレートは2層になっていて、
ふわふわした部分にトロっとしたチョコレートが包まれ、最後に薄皮がくっついていました。

ちょっと冷ましてから頂きましたが、
それでも、中味は熱々!

チョコレートですが、シュワっと口どけのいいチョコレートとは違う気がしました。
あたりまえですが、ホットチョコが苦手な人には、避けておいた方がいいかも。

口の中でとろっとしたチョコレートが、熱々で、
でも薄皮が敗れることがなくモチモチしていて、
新鮮な食感でした。

Sponsored Link

チョコレート小籠包の価格・お店の場所は?

期間限定で食べられるチョコレート小籠包の
価格・お店の場所についてはこちらです。

ディンタイフォン「チョコレート小籠包」
会場:新宿髙島屋11階特設会場
「アムール・デュ・ショコラ~ショコラ大好き!~」にて
期間:2017年1月26日(木)~14 日(火)
価格:2個 281円
※2017年2月1日(水)~14日(火)まで、一部店舗を除くディンタイフォンの各レストランでも提供。
※ただしテイクアウト販売は新宿髙島屋の特設会場のみ。

エレベーターを11階まで上がると、イベント会場があります。
エレベータ―から行くと一番奥の左手でした。

価格は、2個281円とありました、が
300円を出してお釣りの20円をもらったような?????
1円はいいですよ~なんて言われたような???

ここはちょっと現地でお確かめを~。

 - 気になって調べたこと, 食べ物・グルメ , , , , , , ,