精霊の守り人2 3話感想 チャグム(板垣瑞生)がイケメンすぎる

   

Pocket

土曜日は、見たいドラマがたくさんですな。

精霊の守り人のキャストが豪華すぎて、
今回はわたなべえりさんが出演します。

佐江内氏も、劇場版相棒も差し置いて、バルサですよ。
原作大好きだから、NHKにチャンネルを合わせます。

シーズン2も9話のうち3話目

タンダもチキサもカシャルに捕まって
バルサとアスラは2人で逃げていたところで前回は終了しました。

Sponsored Link

精霊の守り人2 悲しき破壊神 第3話あらすじ わたなべえり登場!

バルサ(綾瀬はるか)とアスラ(鈴木梨央)、2人で逃げて四路街(しろがい)に向かう。

一方、スファルとシハナ(真木よう子)は、タンダ(東出昌大)に、タル人の由来をを話すのであった。

チキサとアスラらタル人は、タルハマヤという神をまつる一族の子孫で
タルマハヤは氏族の争いを恐ろしい力で平定し、恐怖でロタ人を支配していたという。

バルサとアスラはマーサ(わたなべえり)という知人を頼り身を寄せるのでした。

事情を知ったタンダは、バルサとアスラの四路街の潜伏先を案内することに。

一方、1隻でサンガル王国に駆け付けたチャグム。
祖父トーサの犠牲で船を失い、でも
身分を隠すことができ、兵士の一人として捕らえられてしまいます。

自暴自棄になるチャグムですが、近衛兵のジンの叱責によって
目を覚まし、生き抜くことを誓うのでした。

そして、物語は進まないかと思いきや、
意外な人物の本音が明らかになります。

精霊の守り人 悲しき破壊神 綾瀬はるか NHK

精霊の守り人2 悲しき破壊神 第3話感想 チャグム(板垣瑞生)がイケメン

以下、第3話の、超絶個人的感想です。

①相変わらず帝(藤原竜也)のチャグム嫌いはすさまじい。
サンガルからの文もやけくそ?で握りつぶしてしまいます。

原作ではもうちょっと神聖な感じがするのですが、
テレビでは人間味たっぷりです。

一方チャグムは、捕らえられたみんなに涙ながらに生き抜くことを訴える。

チャグム(板垣瑞生)はイケメン。リアルチャグムと同じくらいの年齢ですよね。
高校生ぐらいなのかなぁ。

②マーサは、ジグロが好きだった。
自分の店を持つ前、マーサは母一人、息子一人で旅をしていて、用心棒として
バルサは養い親のジグロと父一人、娘一人で旅していたそうです。

マーサの息子から、ジグロに恋してたんだ、っておもいでに、ほんわかしてしまった。

回想で出てくるジグロの話も原作があったかと思うのですが、思い出せない。

久しぶりのジグロが回想で見れて、レアキャラを見た気分。

③物語はすすんでいません!!
しかしラスト10分で一気に進みました。

結局、今回は、2人がマーサのところについて終わってしまうかとおもいきや、
帝の本心やシハナの本心が分かってびっくり。
来週は2人の陰謀がらみの続きになるのかなぁ。

Sponsored Link

精霊の守り人2 4話あらすじ 次回もイケメンチャグム(板垣瑞生)の受難は続く・・

シハナの本心は、タル人を利用して南部と北部で割れているロタ王国を統一すること。
バルサはシハナからの手紙を見て、ふたたびロタの内部へ入っていきます。

 

一方、チャグムは、脱出を試みるのですが、船を出したとたん
敵の銛の攻撃を受けて重傷を受けてしまうようです。

 

ついにヒュウゴ(鈴木亮平)とチャグムが鉢合わせするみたいですよ~。

個人的には、狩人のジンとチャグムの逸話が好きなので
出てくるのかなぁと楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 - 2017冬ドラマ, 俳優, 気になって調べたこと , , , , , , , , , , , ,