相棒15 14話感想 田中偉登(司)がイケメン!劇場版は山崎警視監との因縁?

   


相棒14は2話連続シリーズの後編。
13話と14話は、1年前、冠城亘(反町隆史)がまだ居候の頃の話。

13話では、特命係の2人が外に出ているときに、
立てこもり事件が勃発。

最初、犯人と思われていたマブチさんは、
どうやら一番最初に救急車に運ばれている様子。

じつは家の中にいた女の子のおにぃちゃんである新堂司(しんどうつかさ)くんが
立てこもっているのではないかと、右京さんはニラんでいました。

Sponsored Link

相棒15 14話あらすじ 及川光博(神戸君)の相棒復活は一瞬だった

冒頭は右京さん(水谷豊)と神戸尊(及川光博)の2人が久しぶりに
喋る場面。

神戸君は、たまたま吉井聡美さんを大河内さんから言われて
見張ってた矢先だったということ。

一方冠城君は、立てこもっている司(つかさ)くんの一家が、
お父さんが法務省の偉い人で、ひとり親家庭でないことを突き止めていました。

どちらの夫も「亭主関白(怒)な団体」に所属する人で、
どうも神戸君が見張ってた人も、
新堂一家も、夫から逃げていたらしい。

黒幕は真渕さんの仕事の発注元、水野。

水野氏は夫から逃げた人を連れ戻すビジネスをしていた・・そうです。

司君はお母さんとあかりちゃんを守るために真渕のふりをして
水野にコンタクトを取っていました。

ですが真渕本人が水野にコンタクトをとっていないことがバレてしまい

逆に水野にお母さんを人質に取られてしまいます。

特命係の2人は司君とコンタクトを取り、突入を引き留めようとしますが・・・。

相棒 右京 神戸

相棒15 14話の感想 田中偉登(タナカタケト)君がイケメン

水野さんのところに向かう右京さんとトリオで行くのは、大木さんと小松さん。
特命係を後ろから覗き込んでいる2人の活躍。

そして右京さんが駆け引きで水野からお母さんの居場所を突き止める。

「令状がきたようですねぇ・・・・」で水野は居場所を吐いたのですが。
冠城くんが持ってきた令状と思われる紙は、まさかのニセモノ。

突入停止とか、偽物を見せびらかすとか、法務省からのお客の立場でなかなかの行動ですね。

ちなみに、偽装令状は以前の話にもあったそうです。

新堂司(しんどうつかさ)君役は、田中偉登さん。
タナカタケトさんというそうです。

なかなか凛と濃ゆい顔をしている、17歳のイケメン君でしたね。

映画版るろ剣で弥彦役とか、ドラマのミタゾノやスカッとジャパンに出演されている俳優さんでした。
13話では少しでしたけれど、14話からは一気に活躍していましたね。

最後に右京さんは誰にお説教するの?と思ってたら
お父さんでした。しかし、偉い人たちは、ムキズで終わる・・(残念)

そして映画とどうつながるんだろう?

Sponsored Link

相棒15 劇場版Ⅳとの関係は山崎警視監との因縁?

ラストはとっても後味がわるく、
警察の上の方の人、山崎警視監(菅原 大吉)がなぜか事件を隠ぺいしようとした上に、

このザキヤマさんは、あかりちゃんの重要証言を却下。
飄々としていました。おのれ、眉毛が棒なザキヤマユゲめ。

劇場版Ⅳとの関係は、このくすぶっていた山崎警視監との因縁で、再対決?するらしいです。

相棒15 15話 あらすじ ゲストは橋本真実

来週は、花の里の女将、幸子さんが、入院するらしいです。

入院先で、伊丹刑事と鉢合わせし、事件に遭遇。
盲目の女性が作った香水がキーとなる?

2週連続の話は終わりましたが、週末はまた相棒の劇場版のテレビもあるし、
本物もあるし、先週の劇場版は録画したまま見てないし、
1週間相棒尽くしで行きたいと思います。
ではでは~。

 - 気になって調べたこと, 相棒 , , , , , , , , , , ,