鬼平(アニメ)5話 感想 ギャグ編で神回?うさ忠親子がウケる!

   


月曜深夜に放送の鬼平アニメ。

その5話ですけれどね、いまさらながら感想をアップロードしたいと思います。

鬼平(アニメ)は5話は、深夜枠たる真骨頂のようなギャグ回。

実はね、すぐに見ていたんですが、見たタイミングが良くなかった。
昼ごはんを食べながら録画した鬼平5話目を見ちゃったんですよね・・・。

気持ちを落ち着けるのに1日かかりましたとも。
実際見た人がいたら、残念な気持になるはず、この気持ちが分かるハズ!

Sponsored Link

鬼平(アニメ)5話 あらすじ うさ忠親子は似た者同士でウケる!

今回はうだつの上がらない内勤の男、「うさ忠」というあだ名の男が
ナイスな仕事をする話。

以下あらすじ。
最近、ぬすっとが幅を利かせてるっていうんで、
長谷川平蔵親分が、うさ忠に、たまには外回りをさせるか~、
と命令します。

うさ忠は、最近「はやりの甘味屋」で売っている、
うさぎの和菓子にそっくりの顔をしている、と仲間内で話題の男。

こいつはな~んにも考えてなさそう・・・というもっぱらの評判です。

このうだつの上がらなさそうな男が、
たまたま見回りで谷中(やなか)を歩いていたときに、
茶屋の美人な女に出会ってしまったのが運の尽き。

オヤジの代からの遺産や親せきに無心して(おいおい・・)
お金をすべて、いろは茶屋の「おまつ」につぎ込んでしまったのです。

オヤジが「何も残してやれなくてすまねぇ」てなことを言って残してくれた
わずかばかりの金もです。

ですが、おまつも「うさ忠」のことが気に入ったのか、
お金持ちの旦那(川越の旦那)が良くしてくるので金払いは大丈夫なのだという。

しかし、頻繁に通っていることがバレて内勤に戻される始末。

ついに、おまつ会いたさに、夜中にこっそり屋敷を抜け出した「うさ忠」は
そこで偶然、怪しい男たちを見つけてしまったのです。

手柄を立て、捕り物が終了する間際、盗賊のお頭が、
おまつを通じてうさ忠の分を立て替えていた金持ちの旦那、
川越の旦那であったことを知ってしまいます。

愕然とするうさ忠。

大手柄をたてたうさ忠ですが、最後に
オヤジの残した「遺産」の真相を聞き憤慨するのでした・・・。

鬼平,アニメ,5話,感想,ギャグ,神回,うさ忠,6話,あらすじ

鬼平(アニメ)5話 ネタバレ感想 ギャグ編で神回?

今回の話は、罪を犯した者の悲哀や業について、
といった暗くなる話とはちょっと趣が違いました。
うだつの上がらない「うさ忠」の親子は最高でしたな。

うさ忠オヤジ、鬼平が来る前に同心やっていた人なんですよね。
「ほとんど残してやれないが・・」
「お前だけは父と同じく、正直に生きろ・・」とかなんとか。

泣きながら、うさ忠に伝えています。
だからうさ忠も、女にのめり込んで後悔の嵐。
ラストで、最後の最後にしようと、おまつに会いに来たうさ忠が、
父親も茶屋通いの常連だったと知ります。

この親にしてこの子ありとは、まさにこう言ったもんだ。
川越の旦那が羽振りが良かったのは昔の女に似てたからってわけなんですね。
「人は悪いことをしながら良いこともする不思議な生き物」といって
おまつに目をかけていました。

最後に鬼平も、川越の旦那と同じセリフをしゃべります。

実は同心のなじみの人が悪いことをしていて・・・といった単純な話ではありませんでした。
こういう所もよかった。
鬼平(アニメ)の5話目にして、すでに神回じゃないか?と思ってしまう面白さでした。

Sponsored Link

鬼平(アニメ)6話あらすじ 原作でも人気回?

鬼平さんが、京都へ向かう途中で、ある男と一緒に旅をすることになる。
この道連れになった男が、じつは悪人。
その人から目をかけられて「仕事」に誘われるという話。

話を見ただけなら、平蔵さん何やってんの?って回ですが。

来週も、原作ファンの皆さまが大好きな話のようです。

私はたぶん見てないのでアニメで楽しみたいと思います。
ではでは~。

 - アニメ , , , , , , , ,