大貧乏8話感想&9話あらすじ 天満(奥田瑛二)の悪役演技がすごい

   


大貧乏も8話麺にしてコメディ要素だけでなく、
シリアスな場面が増えてきました。

今回、柿原さん憧れのドラマの撮影を行うことになって?というパートと、
元社長の天満(奥田瑛二)をどうやって落とすか、
シリアスパートも、いろいろ面白かったですね。

天満社長がだんだん本性を表してましたし、(てか悪役の演技がすごいですね)
製作スタッフ役の片桐仁さん
ゴトー役のマイケル富岡さんがおもしろかった。

 

Sponsored Link

大貧乏8話あらすじ&感想 天満(奥田瑛二)社長が怖い?

春木君(成田凌)の素性が明らかになって、
天満社長に乗っ取られた会社の一人息子だとわかりました。

もう一度、一からVS天満やり直すことを決心。

春木君は、浅岡部長と対面。

浅岡部長の「あの人を出し抜けるのは私だけです。」と何か企んでいるようでしたし、
焦りのあまり社長にも、食ってかかってしまいました。

「僕は絶対に仲間を犯罪者にしない!」

感動的なことを言う柿原さん、
そして、天満社長にトカゲのしっぽ切りされる浅岡部長。

凄い展開になってきましたね。

一方コメディパートは、
柿原さんの20年来のファンであるドラマ。
今回は罪を憎んで人を憎まず
ジャスティスゴトーの撮影が来ました。

ノリノリの柿原さん(伊藤淳史)ですが、
台本が春木君の生い立ちそっくりの脚本で、
グズグズっぷりな撮影についに柿原さんがキレる!

 
大貧乏 7話 感想&8話あらすじ 小暮君(神山智洋)の出番アップ?
 

柿原さんの泣ける言葉に、自分を投影する春木君。
(復讐だけに生きて自分を大切にしないのはよくないよね)

(片桐仁)「(台本について)親とかに復讐とかこいついいやつですねぇ」

春木君の「・・・ガキなんですよ」

ってシーンが良かった。

あと来週の、小暮君の衣装が楽しみです。

大貧乏9話あらすじ

部長は、結局別れた元妻の借金から悪いことに手を出してしまったらしい。
おれは俺の人生まで天満に支配されたくない、浅岡をすくってやりたい!
成田凌さん、相変わらずカッコよかったですね。

9話では、つかまった浅岡部長の弁護をすることになった柿原さんと、
原告団にいる天満さん。

直接対決するんでしょうかね~。

七草ゆず子(小雪)が天満利章(奥田瑛二)に脅されたことを知った柿原新一(伊藤淳史)は、彼女のアパートに駆け付けた。ゆず子は帰っても大丈夫だと言うが、柿原は譲らない。すると、ゆず子は彼らを自宅に泊めることにした。
午後、柿原の事務所で打ち合わせ。(中略)
柿原は留置場の浅岡礼司(滝藤賢一)と面会。疑問をぶつけると、天満はまだ金を手に入れていないと教える。天満は濱中電子工業の未公開株を大量に持っていた。一部上場されるのを待っているのだと。上場は6日後に迫っていた…


Sponsored Link

天満社長(奥田瑛二)の悪役演技がすごい。

本領発揮の天満社長。

奥田瑛二さん、部長の浅岡(滝藤賢一)をもトカゲのしっぽ切り。

ゆっくりしゃべって、顔にもなかなか本心がでない感じ。

そして、ゆず子さんの家に来て1億円で

「手を引いてくれませんか」

「あ、そうか~。君にはお金よりも大切なものがあったんだね」

というシーンの奥田瑛二さんの顔が、本当に怖かった~。

悪役の演技が超ハマッっていますね。

 

来週も楽しみですね!!

 

 - 2017冬ドラマ, 俳優, 日々思ったこと , , , , , , , , , , , ,