カルテット7話感想&8話あらすじ 満島ひかりの涙と演技が最高

      2017/03/08

Pocket

前回は、ラスト5分でいきなりな展開でした。
カルテットの7話もジェットコースターのような展開でしたね。

高橋一生さんがどこかの番組で、カルテットの台本をみて、
驚きの人物の過去が明かされてびっくり( ゚Д゚)した、という記事を観ました。
うる覚えなんですが。

会話もストーリーも、すでに、相当、上振れ、しているカルテット。

まだまだあるのか~!!!来週はどうなってしまうんだろう?

 
カルテット8話感想&9話あらすじ 高橋一生の鎖骨チラ見せがヤバい?
 

飯テロは、おでんDEごはん。お好み焼きDEごはん。

私は、おでんDEごはん派だ。

Sponsored Link

カルテット7話のネタバレと感想 クドカン&松たかこ夫婦の結末。

冒頭から、アリスちゃん(吉岡里帆)の笑い声が超こわかった!!
狂気とともに雪道をドリフトするアリスちゃん。

家森さんと猿探してたのに、高価な楽器を狙って戦線離脱。

 

そんなアリスちゃんは、旦那さんと(宮藤官九郎)ともみ合って、下に落ちてしまいます。

そんなところで、真紀さん(松たか子)とクドカンが再開。

 

クドカンやっぱり言えなさすぎ。華麗にスルーされているアリスちゃん。

「その子(すずめ)はけがしてない。その子は元気、」
「ねぇさ、離婚届って長野で出せるかなあ」
「やったの俺だから」

 

前回、夫婦のすれ違いストーリーが、ちょっとでも美しく見えたのか悔やまれる(/ω\)
クドカン&松たかこ夫婦の行動がクズっぽかったなぁ。

アリスちゃん生きます。だいじょーぶ。
登場人物が色々なところにすれ違いすぎて、

展開が色々ありすぎましたが、真紀さんは旦那と東京へ。

 

真紀さん「彼のことは、変わらずずっと、好きなんだよ」

あ~あ~あ、真紀さんのささやいた言葉で、すずめちゃん泣いちゃったじゃぁないか。

 

そんな傷心のチェロで演奏した曲は、Both side nowだそうです。
(youtubeの詳細に英語の歌詞があります。)


で、メンバーを華麗に無視して、自宅に帰った二人の選んだ結末は、

結婚指輪を外すこと、緑の紙を役所に出すこと。ミキオは警察に行くこと。

 

今回も、夫婦のシーンに流れていたのは、カヴァレリア・ルスティカーナ。前回と一緒。

 

最後に真紀&すずめが2人で引いたのも前々回と一緒。

で、真紀さんは別荘に戻ってきました。ちゃんちゃん。

ってなるはずないよね?

カルテット,7話,感想,8話,あらすじ,満島ひかり,涙,演技,最高,松たか子,松田龍平,高橋一生,宮藤官九郎

カルテット8話あらすじ まだ嘘つきがいるらしい

 

3月7日(火)放送の第8話は、『WBC “日本×キューバ”』に延長が発生した場合、放送時間が変更になる可能性があります!

次回のカルテット8話目のあらすじです。

全員の片思いが完結するらしいです。でも片思いのベクトルが、自信ないんですよね~。

ミキオ←真紀←司←すずめ←家森  という感じなのかなぁ。

全員が真紀さんに向かっている、ってことなのかなぁ。

あと、最後の嘘つきは誰なんだろう?

真紀が離婚したことで、より一層4人での生活は和気藹々としたものに。そんなある日、すずめの司への想いを知る諭高は「真紀さんが離婚してピンチじゃない?」とふっかける。しかしすずめは「真紀と司をくっつけるために協力して欲しい」と諭高に頼み、真紀と司をデートさせようと試行錯誤して……。

Sponsored Link

すずめちゃん(満島ひかり)の涙と演技が最高でした

片思いのベクトルが分からなくなったのは、すずめちゃんの涙を見たから。

おおぅ、戸惑ってしまいました。

 

お父さんとの確執も、真紀さんが救ってくれたんだもんね。

すずめちゃん、真紀さんが好きなんでしょうかね。

 

そんなすずめちゃん演じる満島ひかりさんの涙と、いかないで!!って演技が最高でした。

「・・・・抱かれたいの」なんて囁かれたら、耐えられん。

 

すずめちゃんはカワイイ系ですが、
このドラマ全体の狂気をあますところなく引き出しているのは、

真紀さん役の松たか子さんの、カメレオンのような表情と、
アリスちゃん役の吉岡里帆さんの笑ってない目だと思う。

来週も、いい意味で裏切られたいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございます。

 - 2017冬ドラマ, 俳優, 日々思ったこと , , , , , , , , , , , ,