大貧乏9話感想&最終回あらすじ 小暮君(神山智洋)の声がカワイイ?

      2017/03/12

Pocket

大貧乏も9話目。来週は最終回だそうです。

1億円を持ってきて七草さん(小雪)を脅してきた
いよいよ、本当の敵となった天満社長。
天満社長との闘いの決着は来週になりそうです。

大貧乏 最終回ネタバレ感想 小雪と伊藤淳史との恋の行方!結局旦那は誰だ?

本日一番よかったのは、
やっぱり小暮君(神山智洋)さんの紙芝居でしょうか。
小暮君かわいいですね。ナニワの金融道&関西弁。

あの紙芝居で、1話から9話までの話が
全て網羅されていましたね(笑

Sponsored Link

大貧乏9話ネタバレ感想

脅されたと判った七草さん、
柿原さんと加瀬春木君(成田凌)が夜通し見張ることも何なので、
七草家に泊まることになりました。

コメディパート、いつも笑ってしまいます。
慌てる柿原さん(伊藤淳史)&冷静な春木君(成田凌)
ちぐはぐだけど、いいコンビみたい(笑

社長にハメられて、捕まってしまった浅岡部長(滝藤賢一)。
その弁護を担当することになった柿原さん(伊藤淳史)は
部長から、天満のたくらみの真相を聞き出そうとします。

天満社長は100億分の未公開株を持っていて、
1部上場の際に売り抜けることを目論んでいるらしい。

「金とか地位とかよくに価値を見出さない人もいる」
「失敗したことが財産だって」
「ああいうことを言う人は行動が違うんじゃない?」

そういったのは、電池アウセルの設計担当、高野由鶴さん。

彼女が、欠陥設計図のデータを持っていれば、
上場を阻止できるのでは?ということで、
高野さんにコンタクトを取るゆず子さん。

彼女の協力を得て、天満社長のたくらみを阻止できた?か思えたのですが。

新規公開がされてしまいました。

まぁ、すんなりは上手くいかないですね!

来週は、最終回。
社長とのやりとりも気になりますが、
柿原さん&ゆず子さんの関係は、どうなるんでしょうね?
ちょっとずつ近づいてますけれど、このままでも、それはそれで大貧乏のドラマらしいかも。

大貧乏 最終回(10話)あらすじ

最終回は、天満さんとの決着ですが、もくろみ通り、
100億以上のお金を手にし、天満さんは海外に高飛びするらしいです。

浅岡礼司(滝藤賢一)に面会した柿原は、ここまでの経緯とこれからの方針を告げる。濱中とは和解し、250億円を一括返済させ、アウセルの不具合を公表させる代わりに、意図的な情報漏洩は公にしないというものだ。天満のことは諦めるのか? と問う浅岡に、柿原はきっぱりと追求しないと答えるが…。
その後、濱中は約束通りにアウセルの不具合に関する会見を行い、事は落着。柿原と加瀬はゆず子のアパートから出て行った。そして、ゆず子は柿原との代理人契約を終了させることになる。

Sponsored Link

小暮君(神山智洋)の声&芝居がカワイイ!

今回9話の一番の見どころは、やっぱり小暮君。
神山智洋さん、もともと関西出身ではなかったでしょうか。

ちょっと高めの声の関西弁で紙芝居を披露してくれました。
この紙芝居で、天満社長とのやりとりはすべてまとめられている(笑

なんだか、小暮君、かわいいんですよね。

でも、高野さんの案件は、小暮君担当らしく、
ちゃっかり仕事はする感じとのギャップが楽しいですね。

天満との闘いの決着もですが、柿原さんとゆず子さんもどうなるねん?
ゆず子さんの仕事は、お弁当屋さんのままなんです。

春木君だってね・・・。浅岡部長も参戦してくれるらしいし。
来週も楽しみに待っていたいと思います。

 - 2017冬ドラマ, 俳優, 気になって調べたこと , , , , , , , , , , ,