大貧乏 最終回ネタバレ感想 小雪と伊藤淳史との恋の行方!結局旦那は誰だ?

   

Pocket

ついに、大貧乏も最終回。

コメディパートも面白かったですけれど、
本筋のお金の行方を追うストーリーも、
続きが気になって面白かったですねぇ。

そして、ついに柿原さんとゆづ子さんの恋の決着。

30代なのに、「恋愛」というよりは、友達or好きかどっち?みたいな。
ドロドロよりも爽やかな感じが、私は、好きだったなぁ。

すっきり終わって大満足。

Sponsored Link

大貧乏ネタバレあらすじ 伊藤淳史は終始カッコイイ弁護士だ

前回、濱中電子工業の上場を止められなかった
柿原(伊藤淳史)さんたち。

 

濱中電子工業を潰してまで、天満社長を追う事は出来ない、と

ゆず子さんが主張。

濱中電子工業の不正のみを、おおやけにして、

和解金250億を取り返すことには成功しました。

そして、柿原さんとゆず子の代理人契約も終了。

元従業員にお金も戻ってきて、
仕事でのつながりはなくなってしまいました。
そして、数か月後・・・・

柿原さんとゆづ子さんは連絡もせず半年もたってしまいました。
(この辺がいじらしいですねぇ)
浅岡部長(滝藤賢一)の裁判の「めど」が立ち、
執行猶予つきで出てくることに。

浅岡部長は、
「ちがうよ、私も正しいことがしたくなったんだ・・」

と伊藤淳史に天満を追い詰める方法を持ちかける。

そして、半年ぶりに柿原の事務所に集まった
春木君、ゆづ子、浅岡部長らメンバーたち。

天満(奥田瑛二)はベトナムにおり、新しい投資案件があれば
天満はいつか日本に帰ってくる。。
その時を読んで、詐欺破産罪で逮捕状が出ていれば捕まえられる!!

と、投資の案件先に根回し、ついに、天満社長が食いついた!!

天満社長は、ぎりぎり逮捕状が間に合い詐欺罪で捕まえることができました。

奥田「私には145億の金がある」

小雪「確かにあなたには145億円のお金がある、でもそれしかない」
・・・・

伊藤「あなたの145億を1円たりとも使わせないことができる!」

(伊藤淳史さんは終始かっこいい弁護士なんです、恋愛以外は)

 

Sponsored Link

 

大貧乏の最終回ネタバレ感想 小雪と伊藤淳史との恋の行方!

大貧乏の最終回は、さすがに

ゆづ子さんと、カッキーの恋の行方が気になりますよね。

 

ラスト、柿原さんはゆづ子さんに

伊藤「君と一緒に居られる時間がもっと欲しい」とついに告白。

「結婚とか、そういうのは良いんだ、、」

「いやいや、そんなのだめだよ、」

の押し問答が面白かったですね。

じゃあ付き合ってよ、って勢いで言ったのに、勢いでだめだよって断る小雪。

最後には、
「じゃあ、友達からで・・・・」

という事になりました。

・・・・・小学生みたいだ(笑

息子のほうが進んでいるのではないだろうか・・。
このやり取りがほのぼので、癒されました。

結局ゆづ子(小雪)旦那は誰だったんだろう?

途中まで、元旦那は浅岡部長かと思っていたんですが
結局ゆづ子(小雪)旦那は誰だったんだろう?

最終話まで、
わからず仕舞いだったんですよね~。

過去のことはもう忘れて、現在に生きるってことなのかなぁ。

「年下の夫」だった設定があるみたいですよ。

社内結婚かと思ってましたけど、たぶん
巻き込まれてないので違いますよね。
旦那の話が本筋とからむのかなぁと思っていましたが、
出てこなかったですね。

Sponsored Link

成田凌さんと神山智洋さんと2人のやり取りが面白い

最終話では、いつも喧喧していた、
小暮君と春木君の距離が近くなっていましたね!!

成田凌さんと、神山智洋さんのやり取りが見れないのは悲しい。

 

最後の最後には、主役2人を除いた全員が、2人のことを応援しているっていう。


お金の行方、30億も250億も戻ってきて、春木君は会社を立ち上げ、
ゆづ子さんは、ラストで春木君の会社にも、柿原さんの会社にもスカウトされる。

すっきり終了して良かったです。

最後までありがとうございました。

 - 2017冬ドラマ , , , , , , , , , ,