攻殻機動隊【実写映画版】の評価・感想は?字幕と吹き替えどっちがオススメ?

   


攻殻機動隊(ゴースト・イン・ザ・シェル)の実写映画を観ようかな~
と思う人は、おそらく何かしらアニメ映画やテレビシリーズを見たことが
あるのではないでしょうか?

私も御多分にもれず、「クゼ」という名前がでてきたら、
それが素子とどんな関係か思い出せる
程度には見ています。
実写版ってどうなんだろうね~?なんて思いながら見てきました。

だって、荒巻課長がビートたけしですよ?
しかもハリウッド映画なのに日本語しかしゃべらないんですよ?

見終わった感想は、
「いや~、実写版でもフツーに面白かった。オマージュ感半端ないなぁ」ですね。
公開されたばかりなので、なるべくストーリーネタバレなしで感想書いてみたいと思います!

Sponsored Link

攻殻機動隊【実写映画版】の評価・感想!随所にあるオマージュを楽しめた!

ということで、攻殻機動隊(ゴースト・イン・ザ・シェル)の実写映画版なんですが、
原作があるものは、先入観なく見ようとしても、前の作品のイメージが付いて回りますよね。

評価・感想は?なんて見出しをつけてしまいましたが、私は普通に楽しめました。
オリジナルストーリーなのですが、人物の世界観は、後述の荒巻(たけし)を除いて「まんま」な感じ。
随所にちりばめられた原作そっくりシーン(オマージュ?)もたくさんあり、たとえば


・お手伝いロボットがイキナリ襲い掛かる(そして人間の関節の動きじゃない恐怖の動き!)
・ロボットの手(パソコンのキーボードを、10本以上の指がガチャガチャするやつ)
・雑居ビルに囲まれた水たまりで、光学迷彩の少佐が敵を叩きのめす!
・ビル屋上から落下しながら光学迷彩をつける少佐  
 などなど。

予告編を見て気になっていた、
若干「ずん胴」になった少佐(スカーレットヨハンソン)のアクションはどうなんだ?とか、

日本じゃなくて香港やん・・・といった実写版の世界観なんですが、
近未来&電脳が発達した世界をこういう風に表現するんだ!と映像としても楽しめました。

攻殻機動隊,実写,映画版,評価,感想,字幕,吹替,荒巻,ビートたけし,タチコマ

攻殻機動隊【実写映画版】は字幕と吹き替えどっちがオススメ?

今回、私が見たのは「字幕版」

ですが、字幕と、オリジナル声優が吹き替えているバージョンと、どっちがオススメか

考えてみたいと思います。

実はビートたけしのみならず桃井かおりが登場するのですが、
なぜか片方日本語で、片方は英語。
ここだけちょっぴり違和感を感じました。

字幕版では、課長が日本語でしゃべっているときに英語字幕がついています。

部下たちはほぼ電脳化・サイボーグ化されているから、勝手にトランスレーションされて
言葉の壁はないだろう(そういう事にしよう)と納得しました、

・・・・が、桃井かおりが出てきて英語でしゃべったときに、
あれれ?やっぱり日本語喋るのは荒巻だけ?

と、若干ですが違和感を感じてしまいました。
(人込みとか背景のセリフとかで日本語はありましたね)

あと、「素子」って発音が英語圏の人たちにはつらそうでしたね。

ということで、荒巻の日本語がどうしても気になりそうな方、

オリジナルアニメの声で違和感なく見たい方は、
最初から吹き替え版でもいいかもなぁなんて思ったりします。

というか、荒巻課長が(ビートたけし)が強烈だったんです。

Sponsored Link

荒巻(ビートたけし)はあの映画そっくり?

実写の映画版は、荒巻課長がちょい役ではなく

結構ストーリーに食い込んで来てました。

原作だと、実働部隊の少佐以下に任せて随所で締めるボスって感じです。

実写映画版も基本路線に忠実なんですが、
まんま北野武監督作品そっくりに活躍してました。

真っ先に思い浮かびましたよ~、

「ア・ウ・ト・レ・イ・ジやん!!」

・・・・これだけは言いたかった。

この配役を決めたからそういうシーンが加わったのか、あえて狙ったのかはわかりませんが、
「ニヤリ」と不敵に笑いドンパチする姿があの映画そっくりでした。

Sponsored Link

攻殻機動隊【実写映画版】タチコマはいるの?しゃべる?

攻殻機動隊(ゴースト・イン・ザ・シェル)
を面白くしているキーワードはいくつもありますよね。

義体化
電脳(サイバー)世界
ゴースト
光学迷彩

あとは、タチコマです!!(笑)

 

実写版の映画にタチコマがいるの?と気になっている人も多いんじゃないでしょうか?

 

・・・結論から言うと、実写映画版では
残念ながら青いロボットが可愛くしゃべってはくれませんでした。

まぁ、素子の過去を探る旅って感じなので、

まだ開発前だったんですよ、きっと。

 

まとめ 原作ファンでも楽しめます!

ということで、実写版の映画も、
楽しめたので感想を色々書いてみました。
原作ファンでも違和感なく楽しめると個人的には思ってます。

攻殻のコア部分は、
ゴーストとは何か?
義体化した人間は、機械か人間か?
といった部分だと思っているので、
ソコが大きく外れなければ多少の設定は気にならずに楽しめます。
笑ゥせぇるすまんNEW1話のあらすじ感想!玄田哲章の喪黒福造は違和感なし?

神山アニメの制作も決まったようで、しばらくはまた
”ゴースト”の世界にハマれそうですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 - アニメ, 映画 , , , , , , , , ,