母になる5話感想&6話あらすじ!なう先輩(望月歩)の演技が上手すぎ?

      2017/05/17


母になる,ドラマ,息子,道枝駿佑,イケメン,演技,上手い,ジャニーズ
母になる4話のラストで、コウは、施設のなう先輩(望月歩)と抜け出します。

結局は、ネットカフェでなう先輩の母を見つけて会いに行く大作戦!だったのですが、

なう先輩がなぜ母に会いに行こうと誘ったのか?

その理由を知って泣けましたね・・・・

 
母になる6話感想&7話あらすじ!小池栄子の過去と服役理由が切ない
 

ホント5話はなう先輩(望月歩)の回でした。

6話は門倉麻子(小池栄子)の罪についてらしいです。広は何も知らないんじゃないかなぁ。

という事で5話の感想もろもろです。

Sponsored Link

母になる5話ネタバレ感想 なう先輩が泣ける

母になるの5話目は、とにかく、なう先輩の泣ける回でした。

結局4話目で、コウが抜け出したのは先輩に誘われたから。先輩の母に会いに行くためだったのです。

なう先輩=本物のコウではないか?といったネットの噂があったのですが、5話終了した時点では、そんな複雑ではなさそうです。来週も衝撃事実が明らかになるらしいですが。

なう先輩は、木野(中島裕翔)に向かってなぜ母に会いに来たか話します。

どんなにゲスDQN母であっても生みの母は、たった一人。
生みの母が受け入れてくれるなら、そこに戻れと、コウ(道枝駿祐)言いたかったのですね。

しかし、大田区~横浜近辺(と思われる)に住んでいるコウやなう先輩が、はるばる木更津まで出かけていくとは、かなり遠出です。

そして大方の予想どおり、なう先輩の母(伊藤ゆみ)は、けんもほろろな態度で男と去っていってしまいます。

いや~、つらい。なう君、オトナでしたけれど、あんな母こっちから願い下げって言いたい。
でもそこまで、気持ちの整理がつかないですよね。

そんな母親役のICONIQ改め伊藤ゆみさん、途中から声のトーンが逆切れモードで怖かったですね。
モンブランを車で引いていくさり気ない演出に、運転上手い!と、どーでもよいことを考えるぐらい、ゲスな母親でございました。

母になる なう先輩(望月歩)の演技が上手すぎ!

何回も言いますが5話目は、なう先輩の回ですよ・・・。

なう先輩(望月歩)の演技が上手すぎで、どんな経歴?と調べてみたら
望月歩さん、宮部みゆきさん原作の映画「ソロモンの偽証」で注目を浴びた子役さんだったようです。

ドラマなどに出演するようになったのはこの2~3年ってことですね。

母になる4話感想&5話あらすじ!道枝駿祐君の身長が伸びた?

なう先輩は、陰からじーっと柏崎広のことを見ていて、何考えてるかわからない、と言われてました。
なぜ麻子が書いた手紙を持っているのか?

親密すぎ?と疑惑がありましたが、実際は超いい子!

コウとナウ先輩が向かい合って、どちらも涙目のシーンは、さすがにもらい泣き。
母になるというドラマは毎回毎回泣かせますね。

 

Sponsored Link

母になる6話あらすじ 門倉麻子(小池栄子)の罪を広は知らない?

コウとなう先輩の話ばかり感想を書きましたが、
一方で結衣(沢尻エリカ)と藤木直人(陽一)の仲も急接近するし、
門倉麻子(小池栄子)もちゃっかり、仕事を見つけます。5話ラストでは、ちゃっかり、柏崎オートに現れる(衝撃!)

あれって、木野のせいですよね・・・・木野が門倉麻子にいらん事漏らしちゃうから、麻子は気になって柏崎一家に近づいたわけです。木野君頑張れ!

ということで6話目は、門倉麻子(小池栄子)の過去が明らかに。

木野(中島裕翔)によると、2年前に麻子がおこした事件は、つきまとう男の暴力から広(道枝駿佑)を守るためだった。麻子が起こした事件の真相を語る木野。(中略)ついに語られる麻子の壮絶な過去と、広との真実。その全てを知ってしまった結衣は…

結衣は優しいから、門倉麻子を拒めない気もする。

コウは知っているからママ大好きなのか?個人的には門倉麻子(小池栄子)の罪を広は知らないんじゃないかと思っています。

6話も楽しみですね。

 - 2017春ドラマ, 俳優, 日々思ったこと , , , , , , , , , , , ,