母になる6話感想&7話あらすじ!小池栄子の過去と服役理由が切ない

      2017/08/21

Pocket

母になる6話。

進むにしたがって、麻子の過去が明らかになるにしたがって、

どんどん重めの話になっていきました。

典型的な毒親&職場に浸食されていく麻子。

ドラマ用に誇張されているだけだと信じたい重い話でした。

Sponsored Link

母になる6話あらすじ感想 小池栄子の過去と服役理由が切ない!

母になる6話は、結衣(沢尻エリカ)と陽一(藤木直人)が柏崎オートに来た門倉麻子(小池栄子)に驚愕し、
木野(中島祐翔)から麻子の事情を聞かされる回。

なぜ、木野が麻子が本当の母親ではないと疑問を持ったか?
なぜ、麻子は「母になること」にこだわるのか?

麻子の過去が切なすぎでした。

服役の理由だけが重いのかなぁなんて予告の段階では思ってましたが、
小池栄子の過去話は、ヤバかったですね~。

典型的な毒親と典型的な職場。

何度も子供をあきらめている麻子は不妊の可能性もあって、
そっちか~!!と思ったのですが、まぁそこまでではないですが、母の干渉はヤバい。

母の言葉に侵食されていく、あの麻子のタイミングで広に出会っちゃったら…

「間違っているけど、あなたは悪くない、門倉さんだけが悪いわけじゃない」なんて木野くんはわりかし甘々ですね。

母になる5話感想&6話あらすじ!なう先輩(望月歩)の演技が上手すぎ?

6話あらすじ・ネタバレまとめ

・麻子(小池栄子)が柏崎オートに現れた。
・結衣と陽一は、麻子が2年間刑に服していたと知り、木野から事情を聞くことに。
(木野の回想)
・木野は、麻子からの手紙を不審に思い、麻子に会いに行った。しかし、0~3歳までの写真などがない点を再度麻子に問いただすと、生んだのは私ではないと木野に話す。過去の資料をさぐり、柏崎広の誘拐事件にたどり着いたという。
・木野は、麻子に広へ近づかないようにしてほしいと伝えるが、門倉麻子自身もどうすればよいか戸惑っているようだった。
(ここから麻子が木野に話したの回想)
・麻子は実の母親から結婚&出産のプレッシャーがとても強かった。
・そのころ付き合っていた男性が2股をかけられ、妊娠したにもかかわらず流産。
・職場でも子供がいないプレッシャーのなか、コウに会って、あと一日、あと一日と伸ばしてしまった。

 

・事情を聞いた結衣は、麻子を柏崎オートに雇う決心をする。
・結衣と麻子が1対1の対面へ。

母になる,6話,感想,7話,あらすじ,小池栄子,過去,服役理由

母になる 7話あらすじ 沢尻エリカと小池栄子の対決は修羅場の予感

来週は、沢尻エリカと小池栄子の対決です。

予告を見る限り、修羅場ですね!!!


母になる7話感想&8話あらすじ!大塚寧々の役柄はネグレクト親役?

小池栄子が放つ「母親」という言葉は、沢尻エリカにとっては鋭いナイフですよね。
ですが、小池栄子が豹変するのは、沢尻エリカが何の気なしに行ったセリフらしくって・・・

なんだか気になっちゃいますね。
一方男性3人は、チュー太の踊りを披露してくれるそうです。

男性陣はなんだかほのぼのしてますが、来週は女の闘いです。

Sponsored Link

小池栄子のロングな髪型が可愛い!

母になるは重い話ですが、無理やり明るい話題を考え出してみました。

今回の小池栄子さんの髪型はバリエーションがありましたね!

まず、ロング。
右側に寄せてゆるふわな感じ。
超できるキャリアウーマン風のスーツ。

そして、ボブ。
職場が変わったり、コウに会ったりして、ちょっとやつれた感じになってました。

で、現在のショート。

ショートに最近慣れていたせいか、ロングにギャップ萌えしました。

あとは、チュー太を踊る藤木直人さん。

来週も気になりますね!最後までご覧いただきありがとうございました。

 - 2017春ドラマ, 俳優, 日々思ったこと , , , , , , , , , , ,