相棒15第8話 鶴田真由演じる100%有罪の女!ネタバレと感想

      2016/12/01


今回は、警察VS検事もの。

予告とあらすじを見る限り、

出世のためになんでもするエリート検事を暴くって感じですかね?

 

 

右京さんが相変わらず、官僚組織にズケズケと切り込んでいく

そんな回になるんでしょうか?

と思っていました。

 

 

あと冠木(反町隆史さん)君の元上司である

法務省事務次官の日下部(榎木孝明さん)

が出てくると、いつもにんまりしてしまいます。

 

イケメンのオジ様が好きなんで。

Sponsored Link

相棒15第8話 鶴田真由 100%有罪の女あらすじ

外務省の局長が事件に。

職場で折り合いの悪かった同じ職場の容疑者を

有罪率100%の倉田検事(鶴田真由さん)が裁判で

追いつめるところから始まります。

 

検事さんと同期の冠城さんは、目撃者の証言が

警察に証言したときと、裁判中で微妙に違うと気が付く。

 

右京さんも、ちょっと気になるそうです。

 

 

捜査を進めていると

事務次官の日下部(榎木孝明さん)から圧力が・・・

(「個人的には楽しんでる」ってかっこいいですね!)

 

 

そして伊丹さんたちからの相変わらずの嫌がらせ(かわいい)

警察が検察を再捜査すると困るそうです。

 

いたみん,伊丹,警部殿,相棒,aibou

冠木君、上司右京さんに怒られる!行動の真意やいかに!?

第8話の予告に、右京さんが冠木君を叱るシーン

があったので興味津々だったのです。

 

実際に「勝手に行動しすぎですよ!」なんて言われていました。

 

その真相は、冠木君が伊丹さんに「上司に無断で」自分たちの尾行を頼んだから・・・・

と見せかけて、実は、

 

伊丹さんに捜査令状を取らせたかった。

 

 

右京さんと冠城君は初めから示し合わせ、

伊丹さんに捜査させようとしていた。

(伊丹さんたち、もう手を離れた事件だから消極的なんだよね)

 

 

事件を捜査させたかったから、冠木君が弱みを見せたように見せていた。

令状を取ったら、被害者の奥さんが共犯と自供。

裁判は休廷となり再捜査となった。(ここはあっさり解決)

 

 

でも証言を変えさせたのはなぜ?の疑問が晴らされていない・・・

Sponsored Link

真の真相:結果がえぐい!倉田検事が証言者を守るため?

目撃証言者の国語の先生は、生徒と放課後カラオケで会っていた。

そのことを証言したくないため、変えさせた・・

 

 

だけでなく、カラオケと同じビルにある

カウンセリングルームに通っていた検事さんも

カラオケの証言は避けたかったから。

 

 

検事さんは12年前、起訴した人に襲われたトラウマがあったのだ!
(というエピソードは途中で紹介されていた)

 

そして完璧を求める彼女は、万が一にバレることを恐れていた。

 

 

右京さんに説明され、それを認めた検事さんは

「辞職する」と颯爽と歩いていく・・・

第8話まとめと感想

いつもは、ちゃらけている冠城君が、

珍しく真面目になって、かばってるのが印象的でした。

 

 

そうだよ、2人しか知らないのに、あえて追い詰めなくても・・・

そして、有能な部下を失って事務次官はご立腹。

 

 

冠城君、日下部さん敵に回さなくても、って泣いているし。

え~!事務次官が出てこなくなるの嫌だなぁ。

 

 

前回の安達祐実さんの回が結構重かったですけど、今回は、えぐい回でした。

あくまでも私の解釈でございます。

 

次回第9話の予告はこちら。

次回も楽しみであります。

 - 相棒