きらクラ!DON第223回の答えと224回の予想「お風呂が沸いた音」?

      2017/06/13

Pocket

4年前からひっそりと、毎週月曜日の朝の
NHK FMラジオ キラクラ!を聞いておりました。

MCのふかわりょうさんとチェリスト遠藤真理さんの軽快トークと、
チョイネタ、お便り紹介が面白くてほぼ毎週聞いています。

まぁたいていは、日曜日の14時からの本番の放送ではなく、翌朝の再放送なんですが。

そこに出てくる「キラクラ!DON」

クラシック版イントロDONのコーナーで、最初の数小節、(いや、本日は2つ)からなんの曲かを当てるというやつですね。

今朝6月12日の回答を聞いて、くやしい!!!!と思ったので思わずブログに投下。

Sponsored Link

第223回のキラクラ!DONの回答は?お風呂の音楽?

これは先週の答え合わせです。

ピアノで、「ソーファミーファ」

という音に聞こえてきました。
メロディから曲名検索サイトは、もうちょと音数が長くないと判らないんですよね。

結局一週間わからないままだったんですが、

遠藤真理さんとふかわりょうさんの、「お風呂の音楽ですね~」というしゃべりがあり、

私のうちの音楽は、アレだから違うなぁ~、結構なお家がお風呂の音楽だと言っていたので、
ウチは違うメーカーの音楽なのかな?と思っていたのです。

案の定、曲名を聞いてもピンとこず、長めに再生されて、初めて気づきました。

「私のうちのお風呂の音楽やん!!」

出だしは、前奏みたいなものだったんですね~。

よく小学校の頃にクラスメイトが弾いていたいう記憶はあったんですが、

出だしが、ソーファーミーファだとは知らなかったです。

ああああぁ、くやしい。毎日聞いているのに!

という事で第223回キラクラDON!の回答は、
テオドール・エステン「人形の夢と目覚め」

クラスメイトは、「人形の夢」の部分を弾いていなかったに違いない!
というより、私が分かってなかったのかなぁ。

お風呂が沸いた音楽は、曲名の出だしだと思っていましたよ。

ちなみにノーリツのお風呂リモコン?から流れるそうですよ

(最初、聞いた時のイメージ図↓)

テオドール・エステンってどんな人?

初めて聞く作曲家なので、調べてみましたよ(ほぼWIKIですが)

テオドール・エステンは1813年‐1870年のドイツの作曲家
英語名はオースティン。

なになに?有名なピアノの先生で、
歌曲や声楽曲で名をはせる。人形の夢と目覚め以外の曲は、

ことし初めてのスミレ
アルプスの鐘
アルプスの夕映え  などなど。

う~ん、ピアノは2年で挫折してここまで行けなかったからなぁ。

習っている人なら分かったのかなぁと思いました。

Sponsored Link

キラクラ!DON第224回の回答(予想)  ヒントはチェンバロ

という事で、
今週224回のキラクラドンの予想(回答)は…

まず、一音目がフェルマータで、2音目が和音。

ヒントはピアノじゃない、ということ。あれはチェンバロですね。

私は、トランペット担当なので、頭の中がin B仕様
完璧なる音感でもないので、ピアノ「ド」がトランペットの「レ」に聞こえたり、
曲によっては、ドにも聞こえたり…つまりそんな大体適当な感じです。

最初の1音は 「ファ#」 に聞こえました。(たぶんピアノの「ミ」みたいです。)

まぁそれは置いといて、今回の曲は多分これ。

いや~この曲、大好きすぎて、トランペットVERの楽譜を持ってたりします。

トランペットの先生にヘンデルのこの曲が吹けるようになりたいです!

言ったのですが、「あぁ多分すぐ吹けるようになりますよ♪」と言いつつ5分で終了した曲(笑)

 

ふかわさんが、今回は2音目でわかる的な自信をのぞかせていたので、有名な曲だと推測しました。

英語名はThe Harmonious Blacksmith
スミス(smith)さんが、鉄をうつ人「Smite」という言葉から来ているそうです。
ブラックスミスは黒い鉄を打つ職人さんってことですね。

「調子の良い鍛冶屋」って名前を翻訳はいつもながらにナイスな翻訳だと思います。

 - クラシック, 日々思ったこと , , , , , , , , , , , , ,