貴族探偵シロツメクサの花冠の意味は?花言葉は復讐って本当?

      2017/08/21

Pocket

貴族探偵も9話目を終了し、残すところあと2話になりました。

ところで、毎回、事件の推理を終了した後、
御前様や女探偵の師匠である喜多見切子に関する出来事など、
ラストで新事実が明らかになってきますよね!

9話で高徳愛香(武井咲)は、師匠(喜多見切子)の事件を御前様(相葉雅紀)に直接問いただしていました。

ところが、御前様は、一瞬鋭い目をした後、
シロツメクサの冠を愛香の頭に乗せたのでした。

この意味が意外と怖かったりするんです!調べてみましたよ~。

Sponsored Link

貴族探偵 9話目 シロツメクサの冠の意味は?

問題のシーンは第9話の犯人が分かり、
いつもの通り、御前様のお説教が終了した後。

天幕には夕日が照り付けていますが灯りはありません。

そこで、愛香は
「あなたが、喜多見切子を〇〇したんですね」というのです。

それまでは、事件の黒幕だったり、別の人だったり、
師匠だったり別の人物が御前様と後日談を語っていましたが、ついに女探偵が!

このシーンだけでも、探偵のスキルが上がっている証拠なのではないでしょうか。

第9話では、花言葉の意味についても話題になっておりましたが、
このシロツメクサの花言葉は、

「幸福」「私のものになって」「忘れないで」

と言った意味なんだそうです。

シロツメクサの花言葉は復讐って本当?

もう一つの意味は、

「私のものになって」から転じたものだそうです。

そこから「復讐」という意味になってくるんだとか‥‥

もし、願いが叶って幸運が訪れたらそれはそれで花言葉の通り。

もし、願いが叶わなかったら…もしその幸運が訪れないならば、憎い気持ちが出てきますよね。

なので、復讐という言葉も本当なんだそうです。

2面性がある花なんですね!!

意外だという声も多いですね!

ちなみに、四葉のクローバーは、三つ葉の葉っぱの先端が
踏みつけられるなど、何らかのキズを折って枝分かれして2枚に割れるという説が有力なんだそうです。

Sponsored Link

貴族探偵の見逃し視聴方法は?

ここにきてますます視聴熱が高まってきている貴族探偵。

ブログ主も毎回視聴しております。

貴族探偵9話ネタバレ感想 原作こうもりとの違いや愛香との関係は?

なお、フジテレビオンデマンドでプラスセブンとして、最新の放送回を見ることができます。

フジテレビの番組は、他のネットドラマ視聴サービスでは、中々ないのですよね。

貴族探偵の見逃し視聴方法は、FODとなります。
それ以上の1ヶ月無料で見放題キャンペーンがありますので気になる方はチェックしてくださいね↓
[AD]初月無料キャンペーン中!【フジテレビオンデマンド】

シロツメクサの花言葉は、貴族探偵の気持ちを表すものとして、

愛香のととを「喜多見切子の真相に近づこうとする(つまり復讐に燃える)可愛い女性だ」

と思ったのか、それとも

純粋に愛香への恋心なのか…意味深ですよね。

10話の予告では、御前様の乱れた髪と、
お姫様抱っこが話題になっております。

あと2回、楽しみですね。

 - 2017春ドラマ, 気になって調べたこと , , , , , , , , , , ,