母になる最終回の感想!道枝駿祐が可愛く沢尻エリカのセリフに感動

   


母になるが最終回となりました。

最初は、見ていられないぐらい辛い話でしたが、
後半にかけては、暗くならずに前向きになっていたドラマでしたね。

広君演じる道枝駿祐くんが、役柄上だけでなくドンドン成長していったのを

見届けるドラマだったような…

でも、毎回母親のセリフや木野やナウ先輩に泣かされっぱなしでした。

 

日常は続いていくけど、それぞれの家族ノカタチってことですかね。

Sponsored Link

母になるの最終回あらすじ

最終回のあらすじを独断と偏見でまとめ。

・門倉麻子がバスにのって去っていくのを追いかけた結衣(沢尻エリカ)しかしバスは出発してしまい間に合わなかった。

・夜、陽一(藤木直人)と広の小さいころのことを話て盛り上がる結衣。麻子が結衣に向かって謝っていたことを話すと、結衣も、陽一に対し気持ちをぶつけ合ったことを話す。

・コンビニ弁当を食べる合間に、木野(中島裕翔)は門倉麻子からの手紙を読んでいた。麻子はカウンセリングへ通ったこと、エゴだったのではないか、自分の母との関係を見つめなおしたことを手紙で報告する。

・莉佐子(板谷由香)は、仕事で海外半年出張を、家族のために断ったことを、言えないでいた。

繭はコウの携帯でとある場所を調べた後、行方がわからなくなる。繭は、母親のためにワールドツアーに参加させてほしいと頼んでいたのだ。繭は母に向かって大丈夫だからって気丈にふるまうが、

コウの「無理すんなよ!」で繭も本音が。。

莉佐子はワールドツアーに行かないこと、ダメ母でも仕事をセーブしながら母親業を続けることを伝える。

・結衣は、門倉麻子のことを未だにモヤモヤしていることを陽一に伝える。陽一はコウが、「お母さんが2人いちゃだめなのかなぁ」と言っていたことを伝える。

・門倉麻子は仕事をクビになってしまった。そこへ東京からマラソン大会のお知らせが。

広は、モモちゃんをマラソン大会に誘うが、京都の彼氏が来ることを知ってショックを受けてしまった。マラソン大会に誰も来ないで!と急に発言したことで家族会議を開く。繭からの情報によるとマラソン大会は保護者が見に行かないらしい。だが、結衣はマラソン大会の案内を麻子に送っていることを木野に話す。

木野は、結衣に向かって、コウや麻子に揺れるべきではない、母は結衣なのだから自信をもってくださいと話す。

・マラソン大会が始まって、コウは嫌味な奴だけど転んでけがをした生徒をほっとけななくて、一緒に助けて帰ってくる。マラソン中のコウの姿を見学に、結衣と麻子の姿が。麻子は結衣に会いに来たと伝える。

・麻子と結衣は2人で話をする。
「いつか私はアナタを許さなきゃいけない。」
「木野さんに自信を持つように言われました、私はまだ母になる途中なんです。」
「いつかあなたを許せるようになったらコウと一緒に会いに行きます。」と麻子に話す結衣。

あの子を育ててくれてありがとう、と麻子に話した結衣。麻子は涙を浮かべていた

・麻子と陽一は婚姻届けを提出することにし、木野はカンチャンの思い出の110円を使うことに。ナウ先輩とコウは「幸せになって復讐してやる」と木野に話す。

・結衣が台所で調理をしながら話しかけている。陽一と広は縁側で転寝をしていた。
こんなところで寝るな、と話す結衣。表札には陽一・結衣・広の名前があったのでした。 おわり

母になる最終回の感想 道枝駿祐が可愛く沢尻エリカのセリフに感動した。

最終回は、あっさり終わりましたね。
当初、小池栄子が戻ってくるのか?そしたらどうなるんだ?と思っていましたが、
そこは、さらっと終了。
 
 母になる9話感想!最終回どうなる?小池栄子は東京に戻るのか
 

麻子さんがクビになったこと言わなかったのは、心情の整理がついたからでしょうか。
柏崎一家との距離感が、イイ感じに終わってよかったなぁと思いました。

そしてコウこと道枝君の内面も見えてきて、どんどん可愛く見えてきました。

繭に対して、素直になれよ!と言って大人びたことをしゃべるかと思えば、
清原香耶ちゃん演じるモモちゃんへの淡い恋心が叶わないと判り、すねる(笑)

結衣に対して生意気になっていくところとか。

可愛かったなぁ

 

 

1話から5話ぐらいまでは、あり得ない設定かつコウが何を考えているかわからなくて、ハラハラドキドキでした。毒親設定とかネグレクトとか様々なタイプの母親を出してきておいて、かなり暗くなりそうでもあったんですが、後半は、家族として打ち解けていく面白シーンがたくさんあったと思います。

一時期、教授の家が一番まともに見えました。
なんだか突然コメディ仕様に置いてけぼりになりそうだったけれど、さらっと終了し良かったです。

Sponsored Link

過保護のカホコさんあらすじは?

次の水曜日夜22時からのドラマは
過保護のカホコさん。

黒木瞳演じるママに過剰にカマわれて育った娘の話。

カホコは高畑充希さん。

温室の中のように溺愛されて、とんと世間に疎そうなカホコさんは、
就活失敗から、大学の知人からそのままじゃ生きていけない!と言われ愕然とする…

という話だそうです。

脚本が家政婦のミタの遊川和彦さんだそうで、
こちらも、題材が題材だけに、どんなドラマなのか楽しみです。

 - 2017春ドラマ, 日々思ったこと , , , , , , , , ,