知らないと損?「超速パソコン仕事術」を読んで。ショートカットキーは大切です。

      2016/11/27

Pocket

こんにちは!

 

PCのショートカットキーって知っているととても便利ですよね。

仕事ではエクセルを使ってデータをコピー&ペーストすることが多いので、

Ctrl + C  (コピー) → Ctrl + V (貼り付け)

をよく使います。

マウスを使わずPCを操作する

 

最近、左手の小指でCtrlボタン、人差し指で C と V ボタンを押していたら、左手だけ腱鞘炎のように、痛くなってきました。

手が小さいので、Ctrl + V の指の幅が足りず、合わないみたいです。

あまりにも痛すぎて、マウスで右クリック + C ボタンで コピーして、貼り付けることに。

今までと違って慣れない作業でもあるし、

「やりにくいな~、時間もかかっているし、もっと簡単な方法がないかなぁ」

と思わずぼやきたくなってきました。

作業時間が長くなるほど、時間短縮の効果が表れてくる。

一つの操作で右手をマウスに持っていってという作業は、1回あたり2~3秒のロスです。
ですが、これを200回する場合は大きな違いになります。

2~3秒×200回 = 400秒~600秒。

400秒は8分。600秒は10分。

仮に600秒だった場合、10分のロスということになります。

(その前に何百回も同じ作業を繰り返すのが非効率、という意見が出てきそうですが)

キーボード上で右クリックを行う方法

どうしても作業が遅くなっていくので、

「どうにかして時間短縮方法がないかなぁ」

と考えて探してみたら、右クリックのボタンがキーボードにあるではありませんか!

私のノートPCでは、右側の Alt ボタンと Ctrl ボタンの間にありました。

PCによって違うと思いますが、文字ではなくて絵で表現されています。

なんと表現すればいいのか、エクセルのマス目みたいなカッコをしています。

「やった~!腱鞘炎から解放される!!」

個人的にはテンション↑↑です。

もっと機能があるのでは?色々調べたくなってきた

知らない方法がいくつもあるんだろうなぁ。もっと勉強したいと思い、PC術をまとめた本を先日購入しました。

「仕事をが速い人ほどマウスを使わない!超速パソコン仕事術」という書籍です。

便利機能は、存在そのものを人から教わったり、自分でweb検索して調べないと判らないです。

この書籍は仕事で役立つ便利術が判りやすくまとめてあるので、すぐ使えます。

知らなくて今まで時間かかっていた作業が結構ありそうです。

「ちょっと職場のみんなには言いたくないなぁ」と思ってしまいました。

ではでは~

 - 書籍