黒革の手帖1話ネタバレの感想!現代アレンジで面白い?武井咲が綺麗

      2017/07/27

Pocket

武井咲さん主演の「黒革の手帖」が始まりました。

原作は昭和の時代なので、現代アレンジがされていると話題ですね!

黒革の手帖2話ネタバレと3話あらすじ!仲里依紗があなそれと別人!

まさかトレエンの斉藤さんが現れるとは!!!

武井咲さんが実力行使をする気になったのも、「斎藤さんだぞ!」が現れたからなんですね。

武井咲さん、前クールの女探偵役とは全然違う、超綺麗で美人でした。

Sponsored Link

黒革の手帖の1話ネタバレ・あらすじ

黒革の手帖の1話のネタバレとあらすじ。

 

・東林銀行の派遣社員として働く傍ら、夜は銀座「クラブ燭台」のホステスとして働く原口元子(武井咲)全て親の借金を返済するためだった。

・昼と夜の掛け持ちで無事500万円を完済した元子。夜のお店で目をかけてもらった楢林クリニックの院長・楢林(奥田瑛二)とママとゴルフに行き、議員秘書の安島富夫(江口洋介)と橋田常雄(高嶋政伸)らと出会う。

・有名人(トレエン斎藤さん)が来たという顧客情報をSNSでバラしてしまうという事件が発生。その日、突然原口は派遣の契約解除を打診される。犯人はコネ入社のため、体のいい派遣切りだと察した原口は、反撃を試みる。

・黒革の手帖に控えていた、大口顧客の振込先・住所をすべて覚え、一瞬のスキに自分の口座に送金。1億8千万を横領したのだった。

・銀行側の村井(滝藤賢一)らは、脱税の手助けをしていたため、警察にいう事ができない。それを知っていた原口は、顧客情報を書いた黒革の手帖を見せて、横領した1億8千万の返済を求めないという念書をもらう。

・銀座でお世話になったママに独立することを説明。銀座の掟を守ることとくぎを刺されつつも無事に、自分のお店クラブ「カルネ」をオープンさせたのだった。

 

 

黒革の手帖1話の感想 現代アレンジで面白い?武井咲の悪女が綺麗でした

以下、黒革の手帖の1話の感想です。

武井咲さん、米倉涼子さんよりずいぶん若い年齢での大役らしいですけれど、悪女っぷりが可愛くて綺麗でした。

元子がやったのは、横領・恐喝。ヤバいんですけど、スリリングでもあり、変貌したサングラス姿はかなり可愛かったですね。

今回は、現代風アレンジが面白かったと思います。いきなりトレエン斎藤さんが、斎藤だぞ!!と言ったり、SNSでばらしたり。かなり現代風なアレンジになっていました。原作は昭和ですからどうしてもそのままだと違和感になりますからね。

 

元子は派遣時代に知ったマル秘口座の持ち主とゴルフ場で出会ってしまったから悪女への道に進むことになったのかな、と思います。ですがSNSの件、ひいては斎藤さんがトリガーになっているというのが面白いと思いました。

個人的には、まだ貴族探偵を引きずっていて、女探偵さんと執事佐藤さんが、どちらも悪人になっているという、ギャップがまた楽しめました。

貴族探偵最終回のネタバレ感想!愛香とアバンチュールって?喜多見切子の真相は

 

実際にあんな簡単に横領できるのか?とか細かいところはさておき、面白いと思いました。

Sponsored Link

黒革の手帳2話あらすじ 仲里依紗が夜の女に化ける回

元子は、明確にターゲットを絞っていますね。
楢林の脱税用の借名口座。

黒革の手帳2話あらすじ

東林銀行から横領した1億8千万円と借名口座のリストを記した“黒革の手帖”を元に、銀座にクラブ『カルネ』をオープンさせた原口元子(武井咲)。若き銀座のママとして新たな道を歩み始めた元子はある日、銀座の街で元同僚の山田波子(仲里依紗)と再会する。

この波子(仲里依紗)さん、派遣社員をキラれて、元子の店で働くことになるんですね~。

で銀座の掟を無視して結構幅を利かせるらしいのです。
次回は、仲里依紗さんが夜の女に化ける回ですね。

豹変っぷりがちょっと怖いけど、どんな感じになるんだろう?と楽しみでもありますね。

 - 2017年夏ドラマ, 俳優, 日々思ったこと, 黒革の手帖 , , , , , , , ,