ハロー張りネズミ 2話ネタバレと感想!深キョンがカワイイ!

      2017/07/29

Pocket

ハロー張りネズミの2話目は、蘭子(深田恭子)とサンダー貿易の事件。
2話連続だそうです。
ハロネズ 3話感想・視聴率と4話あらすじ!森田剛の飛び蹴りがカッコよい

昭和の小ネタがたくさんあり、2017年なのにそうじゃないような、独特の世界観で進んでいきます。
ということで、ハロー張りネズミの2話のあらすじと感想です。

Sponsored Link

ハロー張りネズミ2話あらすじ 蘭子とサンダー貿易

ハロー張りネズミ2話あらすじをまとめました。

・赤坂の探偵事務所に依頼人として蘭子が現れる。所長(山口智子)がうさんくさい話なのでお引き取りください、と仕事を断るが、七瀬五郎(瑛太)は蘭子の後を追いかけて事情を聞く。

・蘭子の父はサンダー貿易の重役だった。しかし25年前、蘭子の父は自ら命を絶ったと報道されていたが、父はレジャーランドの建設にかかわる土地購入の件で嵌められさらに政治がらみの証拠をつかんで消されたのだろう、と蘭子は語る。25年後になって事件当日の音声が蘭子に届いたため、調べてほしいと訪ねてきたのだった。音声には、蘭子の父が「書類は南に預けた」と電話でしゃべっている音声が入っていた。

・一部始終を聞き、所長は悩んだ挙句、サンダー貿易の案件を引き受ける事にしたのだった。

ゴローと蘭子は、サンライズ出版のミナミ(リリー・フランキー)に会う。
グレ(森田剛)は父の腹心の部下・ナカイ(吹越満)の足跡を探りに出る。

・所長は、独自のルートで捜査資料を手に入れた。そこには、血の文字でダイイングメッセージが。
その謎を解こうとしているところへ、南から資料が見つかったと電話が。詳しく話を聞こうとしたところに、南の事務所が爆発して・・・

という所で2話目は、終了しました。 この続きは3話目ですね。

ハロー張りネズミ2話感想 深キョン可愛い!シーンがマブい?

2話目から、蘭子こと深田恭子さんが出てきます。
ゴローとデートする深キョン。

深キョンの可愛いシーンが満載でした。本日の蘭子さんコーナーと呼べばいいのでしょうかね。
マブい深キョンのシーンです!

ちなみに来週もあるそうです。。

あと、リリー・フランキーさん。

木曜日のフジテレビドラマ、セシルのもくろみにも同じ出版社の人間として出てきますが、あっちは、上質で洗練された雰囲気(落ちぶれ気味)って感じですが、こちらの出版社は、昭和な感じ。

黒革の手帖1話ネタバレの感想!現代アレンジで面白い?武井咲が綺麗

マブイ深キョンのために山積みの書類から証拠品を探し出してくれます。全然イメージ違いますけれど、こっちのほうが泥臭くて好きかな。

マブいという言葉、懐かしいですね。これ小ネタかもしれません。

Sponsored Link

ハロー張りネズミ2話の小ネタ(わかったところだけ)

このドラマは、昭和な出版社の印象と下町の探偵事務所の雰囲気だけでなく、平成のネタもまざって、独特の雰囲気で物語が進んでいきます。個人的に気が付いた小ネタをまとめてみました。

・B'zの愛のバクダン すなっくの女の子が歌ってました
・田中邦衛の物まね「まだ子供が食ってるでしょうが!」(北の国から)
・グレさん、「Yahoo知恵袋に聞いてみます。」というセリフ
・「だ~れ~?」「ここは警察じゃないよ~」というセリフ(スネークマンショー)
・山口智子(所長)が参考人の「南」連発(ロングバケーション)
・プ〇イボーイを眺めるリリー・フランキー

1話目は、同情するならコメをくれ!でしたけれど、きっと毎回懐メロならぬ懐かしい小ネタが入るのでしょうね。
そういう所と、渋い音楽も併せて楽しめますね。

ハロー張りネズミ3話は? 犯人はだれだ(ネタバレ)予想

ということで、ハロー張りネズミの3話目は引き続き蘭子と、サンダー貿易の事件を追いかけています。
リリーさん爆発どうなった?おもったより大事になってきたぞ!!ということで、あらすじです。

元秘書課長の仲井(吹越満)をグレ(森田剛)が探し出し、仲井と蘭子が久々の再会を果たすと、ゴローたちの調査を協力することに。そんな中、一緒に調査を進めている仲井は、とある1枚の現場写真を見て、ふとあることに気がつくが…。

というか、捜査資料でほぼ答えが出ているらしいんですよね。
ダイイングメッセージが解ければほぼ答えは出るんじゃないかと思うのですが・・・。

登場人物たちは気が付いていないのも昭和的・・・
犯人の予想はSNSでも紹介されていました。

独特の雰囲気の3話も楽しみですね!!

 - ハロー張りネズミ, 俳優, 日々思ったこと, 気になって調べたこと , , , , , , , , , , ,