マンゴーの切り方!簡単で食べやすい方法は?3種類を比較してみた(画像)

   

Pocket

最近は手に入れやすくなったマンゴー。

自分で買うというより、お土産やお中元などで貰う事も多いのではないでしょうか。

マンゴーは真ん中に種のような固い部分があります。

適度に柔らかくなったマンゴーの皮をむく方法2種類を試してみました。

画像付きで解説したいと思います!

Sponsored Link

マンゴーの切り方!3種類を比較してみた(画像)

マンゴーの切り方。

マンゴーは真ん中に種があるので、そこを避けてタテに切ります。


まるで魚の三枚おろしのようです!

三枚におろした後、色々な方法を試してみました!

ナイフで切り込みを入れる方法

最初に、ナイフで、切り込みを入れていきます。

包丁だと手に持ったマンゴーの皮まで切れてしまいそうなので、ナイフが良いと思います!

最後に、皮の外側から内側に押すと、レストランで出てくるようなきれいなカットに!
宝石のようだし見た目もいいですね。

コップのヘリを使う方法

次に、コップのヘリですくう方法などもあるようで、試してみました。

三枚におろしたものを、コップのヘリですくいとる。

・・・が今回は上手くいかず。
これは、食べごろが関係しているかもしれません。丸一日冷蔵庫で冷やしておいたのですが、まだ熟しきっていなかったのかも。

マンゴーの皮と身がまだ固いのでうまくいきませんでした。

手でマンゴーの皮をむく方法

コップのヘリでうまくいかなかったので、結局手で皮をむくことに。

お!意外と簡単に向けます。熟した桃のようです。
身もある程度形が残っていたので、剥きやすい。

ちなみに、三枚におろした真ん中の部分は包丁をいれましたが、切れませんでした・・・

簡単で食べやすい方法は?メリット・デメリット

とうことで、マンゴーの皮剥く方法について

①ナイフを使う
②コップのヘリを使う
③手で剥く

の3つの方法を試してみました。

一番食べやすく、時間がかからないのは、①のナイフで四角に切り込みを入れる方法でした。
見た目も良いですし美味しそうです。何よりも、皮をむいた後に包丁を使わなくてもよいというのが楽。

しいて上げるデメリットは、四角く切り込みユニットが大きいと、スプーンやフォークですくい取るときに皮に身がたくさん残っちゃうこと。
皮に身が残ってもったいないな~と思いました。

 
トウモロコシは電子レンジで何分? 皮付きだけとラップの場合
 

次に便利だったのが意外と③番。

手で剥く方法。
これは、マンゴーがどれくらい熟れているのかによるのかもしれません。
私が食べたときは、冷蔵庫で冷やして丸1日たっていたので、固めだったので、手を使っても綺麗に剥がすことができました。ただ、手は汚れますけれどね。

適度に熟していれば、コップのヘリの②番も有効だと思います!

 

Sponsored Link

マンゴーの食べごろは?食べる前に冷やすと良い?

マンゴーは、通常、常温で保存し追熟といって、食べごろになるまで熟れるのを待ちます。

マンゴーの食べごろを見分ける方法は、見た目と匂い、柔らかさです!

・まず見た目が赤くなってきていること。ベタベタしてきたらOK
・そして、甘い匂いが漂ってくること。
・最後に、手で触ってみて柔らかいこと

柔らかくなっていたら、早めに冷やして食べちゃいましょう。

ちなみに、完全に売れてからの消費期限はあっという間に来てしまいます。

すぐ食べられない!というときは、冷凍保存も可能です。

ただ、元の状態に戻すとぐちゃぐちゃになってしまうので、
シャーベットとして冷たいうちに食べると良いようです。

夏の暑い時にはうってつけですね!

 - 気になって調べたこと, 食べ物・グルメ