黒革の手帖2話ネタバレ感想と3話あらすじ!仲里依紗があなそれと別人!

      2017/08/03

Pocket

松本清張原作の黒革の手帖。

黒革の手帖2話も、魑魅魍魎の世界が広がっていました。
後半はドロドロ。

武井咲さん演じる原口元子も見慣れてきましたが、
なんといっても2話の注目は仲里依紗さん演じる山田波子の演技。

前クールでは、冷静に不倫夫を追い詰める妻でしたけれど、第2話から、夜の女として開花する!!

「お金稼ぐなんて、こんなに簡単だったんだね」by波子

このギャップはスゴイ豹変でした。

Sponsored Link

黒革の手帖の2話ネタバレ・あらすじ・感想 

黒革の手帖の2話あらすじです。

・銀座のクラブ「カルネ」のママとなった原口元子(武井咲)は銀行の元派遣仲間の山田波子と偶然再会。名刺を渡す。
・素人を入れてみたらとアドバイスされて、波子を誘った元子。最初は乗り気ではなかったが、波子はリボ払いが終わるまでとデビューするのでした。
・デビュー早々、楢林(奥田瑛二)に気に入れられる波子。波子は簡単にお金を得れると豹変する。波子のおかげで店の売り上げを伸ばしていくが、銀座のしきたりを無視し店内でトラブルを抱えるようになってしまう。
・そのうち、波子は元子の指示も聞かなくなる。波子は、楢林に取り入ってマンションを購入してもらい、カルネの2階上に店を開くのだと元子に話すのでした
・元子は黒革の手帖を開き、楢林クリニックの看護師長・中岡(高畑淳子)に連絡を取る。元子は、院長が2億を貢いでいるととリークし、中岡は、波子のマンションへ・・修羅場となるのでした。
・中岡は、楢林からこの関係を終わりにしようといわれ、切られてしまうのでした。

黒革の手帖3話の感想と4話あらすじは?滝藤賢一の目が怖い!

以下、感想です。

第2話は、なんといっても仲里依紗さん演じる波子さんです。

「わたしは私のやり方でのし上がる」
「だれにも邪魔させないから」
「あの会社であんた、なんかやったんでしょ。」
「あんた、もう切られたのよ」

いや~豹変ぶり演技もすごかった。
銀行でモクモクと働いていた波子さんとすっかり別人となっていました。

でも、元子さんも負けてません。黒革の手帖を使いどころが上手ですね。こちらもやっぱり悪女。

幸薄そうな中岡さんに目をつけるとは。
中岡さん(高畑淳子)、今回ばかりは可哀そうに思いました。

さりげなく、真矢ミキママだって、客を取られないようにしてるし。
このドロドロ感がイイですね。

黒革の手帖,2話,ネタバレ,感想,仲里依紗,別人,演技

仲里依紗があなそれと別人!

前クールで、不倫夫を冷静につめたく追い詰める妻の役だった、あなそれでの仲里依紗さん。

あなそれ最終回の感想!涼太(東出昌大)が選んだのは小田原なの?

あなそれは、めっちゃ声が低くて、怖かったイメージです。
ゲス不倫の中で唯一まともな役というか、まじめなイメージ。

一方で、黒革の手帖の仲里依紗さん、あなそれとは、全然別人ですね。

カメレオン女優とはこういう方のことを言うのですかね。

Sponsored Link

黒革の手帖3話あらすじ

波子さんに一方的にやられっぱなしだった2話の元子ですが、3話では、元子が中岡を使って、楢林をゆする!?

(楢林さん、女の子に熱を出し過ぎて落ちぶれる典型って感じですが・・・・)

<黒革の手帖3話あらすじ>
結局、中岡を使い楢林から大金を手に入れる元子。波子は、急に態度が変わった楢林を問いただすが、「カルネのママに聞け」言われてしまう。波子は、お店を出す計画がとん挫した理由を問いただすが、元子は相手にしない。

波子は、元子が銀行で何をしたのか調べるため、東林銀行の村井亨から聞き出そうとする!?

村井は元子を恨んでますからね。
悪いことをするとどこかにヒビが入るんですよ、きっと。

 - 2017年夏ドラマ, 俳優, 日々思ったこと, 黒革の手帖 , , , , , , , , , , ,