僕たちがやりました4話感想と5話ネタバレ!桐山漣がホームレス役?

      2017/08/15

Pocket

僕たちがやりましたの4話でも、トビオ(窪田正孝)たちは逃走中!

市橋の手からかろうじて逃げたトビオとイサミは、ヤバ高校の先生が怪しい!と証拠をつかもうとする。
マルは熱海で夜のお店で豪遊。
一方パイセンはアヤシイ弁護士から、黙秘をしろとそそのかされる・・・

僕たちがやりました5話感想と6話あらすじ!川栄李奈の演技がヤバい!

結局、事件の瞬間、どうやってプロパンガスに引火したかが明らかになりました。

結局パイセンなのか?と言ったところに、自首してきた犯人っぽい人が。
どうなっていくんでしょうね。

Sponsored Link

僕たちがやりました4話あらすじ 桐山漣がイケメンホームレス!

僕たちがやりました4話のざっくりネタバレ・あらすじ

・市橋の追手がかかるトビオとイサミ。市橋は車いすに座っていた犯人がトビオら4人いることを気が付いているのか、追手がかかる。何とか逃げ切った。そんなトビオのところに、蓮子から連絡が。警察が蓮子を使ってトビオをおびき寄せようとしたのだった。約束の場所に向かったトビオは警察と一緒にいる蓮子を見て逃げ出す。・そんな中、マルは熱海で豪遊。お気に入りのキャバ嬢・うららちゃん(おのののか)にお金をたくさん使っていた。

・トビオとイサミはヤバ高校の先生・熊野が怪しいと、自宅に忍び込む。熊野のPCには高校の盗撮のデータが入っていた。なんとその映像には、事件当日の日の映像もあったのだった。パイセンは、逃げる途中でプロパンガスの近くで爆弾を落としていた。その姿が映っていたのだった。

・トビオに逃げられた市橋は、蓮子たちを使ってトビオを呼び出そうとする。利用されたことに怒って帰ろうとする蓮子だが、市橋の本音を知ってしまう。理由は違えど、トビオを探したいのは同じと、一緒に探そうと持ち掛ける。

・自分たちが犯人だったと絶望するイサミは、変に期待させるなよ、とトビオにキレて逃げていった。1人一文無しになったトビオはイケメンホームレス(桐山漣)と出会う。同じ時間を過ごし、ホームレス生活もいいかも…と思った瞬間、トビオは襲われて!?

・警察でパイセンはヤバ高校・熊野が盗撮していた証拠映像を出され、本当のことをしゃべりそうになる・・・だが交番には真犯人ですと、自首した奴が。

新キャラは、キャバ嬢としての、おのののかさんと、イケメンホームレスに桐山漣さん。

顔が真っ黒だったので誰だろう?と思った方もいたみたいですね。

仮面ライダーと全然違うギャップが凄いですね。そしてトビオに向かってジャンプしていました。スゴイ役どころでしたね!!

僕たちがやりましたの4話の感想 おのののかの演技が魔性でした

今回はマルが熱海で一人豪遊。お気に入りの嬢・うららちゃんに入れ込みます。

うらら役はおのののかさん。

可愛いんだけど、「お金がないと私たちもう会えないじゃん」・・・という、世知辛い真実をマルに告げていました。最近、ネタになっている魔性の女みたいでしたね。おのののかさんのはちょっと、ぽっちゃりな感じな印象でしたけど、それとマルを(たぶらかす?)演技が魔性の女っぽかった。

個人的にマルが一番ココロが図太いと思います。元はと言えばパイセンのお金を、トビオの分まで盗んで、全部使って終わりというオチ。…で、イサミを連絡を取っていましたからね。これはイサミのお金を狙っているわけですよね。

僕たちがやりました3話感想と4話ネタバレ!川栄李奈が窪田正孝の大事なところに

ゲスいといえば、4話では市橋も本音がありました。

 

「なんで俺なんだよ!!」っていうセリフですね。
演じてる真剣祐はカッコいいです。ただキャラはやっぱりゲスい役どころ。

もともとヤバ高校のボスである市橋が、弱い者いじめで、マルをボコボコにしたことが発端でもあるので、何ともしがたい・・・。SNSでもブーメラン(自業自得)だろ、といった声もありました。

夢を追いかけていたのに断たれた気持ちは、復讐じゃなく、違う形で消化してほしいものです。

Sponsored Link

僕たちがやりました5話あらすじ

結局先生が犯人で、トビオ達は違ったのか、と思いきや、パイセンが足で蹴ってプロパンガスの近くに爆弾を置いていく映像が出てきてしまいました。トビオたちの所業だと確定ですね。残念。結局熊野もイケないことをしていましたが、爆弾ではありませんでした。

なのに4話のラストでは、自首してきたパイセンのそっくりさんが!!!

これは、え???ってなりますよね。
<僕たちがやりました5話あらすじ>

罪の意識に苛まれながら逃亡を続けるトビオ(窪田正孝)は、ひょんなことから出会ったホームレスの男・ヤング(桐山漣)に関係を迫られ、絶体絶命のピンチに!だが、このことをきっかけに蓮子(永野芽郁)への思いに改めて気づく。
蓮子もまたトビオへの思いを募らせ、市橋(新田真剣佑)とともに毎日トビオの行方を追っていたが…。
そんななか、あることにショックを受けてぼう然と街をさまよっていたトビオは、偶然、今宵(川栄李奈)に出くわす。そのまま今宵のアパートに転がり込んだトビオは、かいがいしく世話を焼く今宵のやさしさに甘え、2人きりの生活に溺れていく。
警察では、突然出頭してきた真中幹男(山本浩司)に署内が騒然となっていた。パイセン(今野浩喜)にそっくりのその男は、爆破事件の真犯人だと名乗り、犯行を自供。飯室(三浦翔平)は、背後で糸を引くある人物の存在を疑い、「誰に指示された?」と問いただすが、男は「自分がやった」と繰り返すばかり。

今宵(川栄李奈)ちゃんは、魔性の女じゃなくて、小悪魔。いい子なんですけどね~。先週は、トビオに向かって、うぇ~い、って言ってましたからね。原作どおり、来週も攻めまくるのでしょうか.

原作のネタバレを言うと、トビオは蓮子への気持ちがあるのに、目の前の今宵の上げ前据え膳な状態に逆らえないんですよね。ドラマではちょっとどう表現するのかは謎ですが。今宵さんが出てくるとどれだけ攻めるのか気になりますね。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 - 2017年夏ドラマ, 俳優, 僕たちがやりました, 日々思ったこと , , , , , , , , , ,