温泉マークの意味は?イラストがISOに合わせて変更されるの?

   


こんにちは~。

 

わたし無類の温泉好きでして、

数年に一度引っ越すたびに、近くの温泉巡りをするのが

楽しみなんですよね。

 

ホテルにとまったときも、温泉地が近かったりすると、

ビジネスホテルに温泉と大浴場があるところがあったりして、

結構ねらって止まったりしています。

スーパー銭湯でマッサージも結構気に入っています。

都内のスーパー銭湯は、終電を逃した人たちがお休みするところになっていますが(笑)

で、その温泉のあの三本線の入った「温泉マーク」

変更が検討されていたのはご存知でしたか?

わたしは初めて知りました。

Sponsored Link

あのイラストがISOに合わせるために変更?

東京オリンピック開催に向けて、

ISO(国際標準化機構)の基準に合わせるために温泉マークの変更を検討していたとか。

海外からの旅行者に、温泉マークが判りずらいから

変更するように、と言われていたみたいですね。

何と間違えやすいかって、暖かい食べ物らしいです。

う~ん、温泉=マークとなっている私たちでは

なかなか気づかないですけど、

たしかに、思ってみれば

ラーメンと湯気に見えるかも・・・

で候補のマークは、

温泉と3本線の間に人間が3人、入っているようにしたもの。

これだ大・中・小の親子水入らずみたいな3人なんですが、

温泉に人が入っている図って、個人的には窮屈に見るんです。

あの三本の湯気がたった温泉マークがなくなったら

新しいマークになったら違和感ありそうですけど・・・

でも、そのマークの存続が決まったらしいです。

よかった~
温泉マーク案,温泉マーク,温泉,ISO,JIS

温泉マークの起源は?

ところで、

あのおなじみの温泉マーク(三本の線がはいったマーク)

一番古いのは350年前の群馬県安中市にある磯部温泉にあるそうです。

江戸時代からおなじみのマークだったのですね。

磯部温泉には「温泉記号発祥の地」という石碑があり

今回の温泉マーク変更については、

変えないでほしいという「要望書」も出したとか。

たしかに。

温泉は全国いたるところにあるので、

マークが変わったら一つ一つ変更するのは大変そうです。

Sponsored Link

温泉マークの意味は?

湯気の3本の意味もあるんだとか。

温泉マークの湯気を表すS字状の棒には温泉の入り方の意味も含まれています。
一度目は短めに温泉に浸かる。
二度目は長めに温泉に浸かる。
そして三度目は一度目と同じように短めにお湯に浸かり上がる、という意味です。

温泉での入り方の指南まで、あの図に込められていたのですね。

昔からの知恵というか。

単純に、温泉のお風呂と湯気がいいかんじにモクモクしている

だけじゃなかったんですね。

おなじみのマークが存続することになってよかったよかった。

ではでは~

 - 気になって調べたこと