【大人の塗り絵】ステッドラー水彩色鉛筆の使い方と注意点は?

   

Pocket

普段使用している、水彩色鉛筆の使い方と、大人の塗り絵で使うときの注意点を書きたいと思います。

ブログ主は、ぬりえを始めて1年ほど。

100円ショップの画材から始まり、本格画材を使うときれいに塗れるのだろうか?と思ったことがきっかけで、
ステッドラー水彩色鉛筆を購入しました。現在も愛用中です♪

水彩色鉛筆の使い方や実際に大人のぬりえを塗ってみた注意点についてまとめてみましたよ!

Sponsored Link

ステッドラー水彩色鉛筆の使い方の例

水彩色鉛筆は、芯が水にぬれて溶けるようになっています。

普段はステッドラーの36色の水彩路鉛筆を使っています。
ステッドラー 水彩色鉛筆 カラトアクェレル 125 M36 36色

使い方はいくつかありますが、我流なりに、①普通の色鉛筆のように使う、②色鉛筆で塗った後、水をつけた筆で伸ばす、③紙を水で濡らした後に、色鉛筆を乗せる、③水につけた筆で芯から色を取って筆で塗る、の4つに区別してぬっています。

それぞれ塗ったときの仕上がりは下記の通り。

①普通の色鉛筆のように使う

普通の色鉛筆のように使ってもOK!

芯がやわらかいため、濃淡をつけるのが簡単です。

②色鉛筆で塗った後、水をつけた筆でのばす

今度は筆を使ってみます。水をつけた筆でのばしてみる。

水につけた直後は、色が濃く見えますが、乾燥させると色が薄くなります。

③紙を水で濡らした後に、色鉛筆を乗せる

ちょっと湿った状態の紙の上に色鉛筆を塗っていきます。


普通に塗るときより色が濃くなります。ペンで塗るようにまんべんなく濡れますが、濃淡をつけるのは難しいかもしれません。

 

③水につけた筆で芯から色を取って筆で塗る

ちょっと水をつけた筆を、色鉛筆の芯の先につけていきます。

ここまで来ると、もはや水彩絵の具に近い形で塗ることができます。この方法を多用すると、芯がぐちゃぐちゃになるので水分は控えめのほうが良いかもしれません。芯の減りは一番早いです。

 

ステッドラー水彩色鉛筆の感想と注意点は?

ブログ主は基本、大人の塗り絵で使用しています。

ので、「大人の塗り絵×水彩色鉛筆」の注意点を書いていきたいと思います。

①芯の減りが早め!

普段使いにしても、芯の減りは早いです。水彩色鉛筆を何種類か使ったことがありますが、ステッドラーはその中でも柔らかい芯なので、短くなるのは早いです。

②鉛筆削りは手の削るタイプがいいかも?

芯がやわらかいため、鉛筆削りもふつうにガリガリやると、ポキッと折れやすいです。せっかく高めの色鉛筆を使うので芯が折れると、もったいない気持ちになっちゃいます。なので手で削るタイプでやさしく削っています。

③ウォーターブラシが必要?

水彩で気になるのは、水がこぼれないかという事です。
私は、100均の筆を使用していますが、水彩用にウォーターブラシというものがあります。

ステッドラー ウォーターブラシ 949 01 中筆
これは、水がこぼれる心配もありませんので、より手軽に水彩タッチを楽しめます!

④塗り絵の紙質に注意

大人のぬりえブームで、様々な本が書店で並んでいますが、水彩色鉛筆をつかい、水を使用するには、紙質も大切。
水を使いすぎるとベコベコになってしまう可能性があります。

Sponsored Link

水彩色鉛筆を使うときにオススメの塗り絵本は?

大人の塗り絵で水彩にするなら、ベコベコになる紙との闘いです(笑)

ブログ主は気にしないので、なんでも使っちゃいますが、やっぱり厚めの紙質がオススメ

薄くても大概のぬりえは濡れますが、裏ページのぬりえに影響されてしまうと、やっぱり気になりますからね。

大人のぬりえブーム再燃するきっかけになった、グラフィック社さんはかなり厚手の紙なので、大丈夫です。

ひみつの花園 花いっぱいのぬりえブック
ロマンティック・カントリー-3番目の物語- (「COCOT」の島々と出逢いの物語)

かなり水をつけてぬるのが好きなんですが、ベコベコになっても乾いてしまえば、いつの間にか真っすぐになっています。

厚手の紙は後ろに響いたこともなく、重宝しています。
もし、塗り絵がこれからという場合は、水彩用を買ってしまう手も。大人の塗り絵の定番シリーズもおススメです。
大人の塗り絵 水彩色鉛筆BOX

まとめ

水彩色鉛筆の使い方を色々まとめてみました。

Amazonでステッドラーは4000円ぐらいです。
最初は高いなぁと思うかもしれませんが、使ってみた感想としては、買ってよかった!と思います。

ハマってしまうと本ばかり増えていきますが、塗り絵本3冊分だと思えば、安いかな、と。^^

色々使い方があるし、工夫して楽しめるなぁと思います。

 - 日々思ったこと , ,