コードブルー3 最終回ネタバレ感想。藤川先生がカッコいい!続編は?

   

Pocket

コードブルー3も最終回となりました。

拡大版ということで、フェローや先輩たちの今後のあれこれ、奏ちゃんの話、橘先生の息子君の話。

いろんなものがすべて収まって、終了しました。

最終回は一気に伏線回収されるように話がアチコチ飛びました・・・。

今シーズンは、救命で働くチームの葛藤や人間模様に焦点を当てられたシーズンだったんですね。

ということで最終回のあらすじ・ネタバレ感想です

Sponsored Link

コードブルー3 最終回ネタバレ・あらすじ

コードブルー3 最終回のネタバレ・あらすじ (話があちこちに飛ぶので一部省略)

・地下鉄で崩落事故。緊急も総出で処置にあたるが、地下内部で処置にあたっていた救命のメンバーさらなる崩落事故に巻き込まれる。白石(新垣結衣)はチームの安全を確認する。藍沢(山下智久)と雪村(馬場ふみか)、緋山(戸田恵梨香)と名取(有岡大貴)の2名ずつは無事が確認。だが出口がふさがれて直ぐに出れない状況になってしまった。

・藤川(浅利陽介)と連絡が取れない。藤川は男の子をかばい、下半身が岩にはさまれてしまったのだった。男の子・かける君を一人で歩かせて何とか駅までたどり着くよう励ますが・・・

・横峯(新木優子)は、男の子・かける君が藤川のペンライトを持っていることを発見。かける君曰く、助けてくれた先生は埋まってるという。藤川が生き埋めになったことを知って愕然とする白石。医師が二次災害なにかあるなんてあっちゃいけない、と白石は現場に向かおうとするが、しかし藍沢はお前を信じているからこそここで現場を指揮して自分が向かうというのだった。

・緋山と名取は、妊婦の救命をしようとするが、母体は助からない。緋山はここで赤ちゃんを救おうと父親に話しかけるが、弱気になる父親。だが、名取と緋山の説得で、赤ちゃんを救ってくださいと言う言葉を引き出す。

・藍沢と冴島(比嘉愛未)が藤川のところに到着。藤川は藍沢と冴島なら安心だ、といつもの調子で受け答えするが、がれきをどかした時に心室頻拍(VT)。何とか助かったが、がれきがどかせないと、藤川の足は助からない。もう時間がないと、藤川の右足の血流を確保するため藍沢はその場で処置をするのだった。

・2日後。藤川の命は助かった。白石は、現場の指揮者として藤川に謝罪。しかし白石は、藤川から、救命を離れることを告げられる。だが、冴島は本当にそれでいいの?と問いかけるのでした。

・灰谷先生は、現場に出れないままここでドクターヘリに乗る医者になれるかわからなくなった、という。だが白石は自分も1年目のときに失敗し自信を失いかけたことがあるというのだった。

・横峯が搬送しようとした消防隊員の患者は、助からなかった。自分がとっさにすぐに判断して処置していたらと後悔する横峯。そこを藍沢は、あの患者はもともと助からなかった。思い上がりだと不器用にも励ます。

・名取は父親に、救命に残りたいと伝える。帰ってくればよいという父親だが、緋山が追いかけて名取父を説得。息子をよろしくおねがいします。といわれる。周産期医療センターと救命を天秤にかけた緋山。緒方の前で、周産期になろうと救命だろうと私は大丈夫、だからちょっと手がかかる彼氏も大丈夫、と告白するのでした。

・奏のところに新海先生が。奏ちゃんは、言い訳をするために来たのか?と冷たくあしらうが、藍沢は自分の医者声明をかけてまで奏ちゃんを救おうとしていた、藍沢だけは恨まないでほしいというのだった。藍沢は奏ちゃんのもとに。奏ちゃんは、前より絶対上手くなるからと藍沢に向かって言うのだった。

・息子ゆうすけ君のところに行く橘。ゆうすけは移植後、自分の足で立てるようになっていた。そしてゆうすけは、移植してくれてありがとう、将来父のような医者を目指すというのでした。

・ヘリ―ポートで白石は藍沢に話しかける。藍沢はトロント行を決めていた。黒田先生を超えられそうか?と問いかける藍沢に対し、白石は、全然無理でも精いっぱいやっていくしかないんだと伝えるのでした。

ということで、最終回のざっくりしたあらすじでした。

フジテレビの動画の見逃し配信方法:【PR】

最終回のネタバレ感想!藤川先生かっこよい!

ココからは最終回の感想です。

ということで、前回のラストで、藍沢先生(山P)が生き埋めに!?という疑惑でしたが、あっさり藍沢先生の生存確定

コードブルー3 9話ネタバレ感想と最終回あらすじ!藍沢先生の展開が衝撃!

よかったとおもいつつ、今度は子供をかばった藤川先生が生き埋めに…

さらに脚の切断の危機まであり、ハラハラしましたね。ここで、脚の切断という結果になってしまうと、続きが見たくなくなる‥脚本そこまでしないよね?と思ってましたが。無事でよかった。

今回の前半はなんといっても藤川先生の回でした。
自分を差し置いて子供を助けようとする気遣い。冴島を心配させまいとする気遣い。助かってからも、明るい調子でムードメーカー。

最終回で、これでもか?というぐらいの、ものすごい逆境でしたが、すご~く、かっこよかった。
(10月からは浅利陽介さんは、相棒16のイヤミな青木君役ですね・・・凄くギャップを感じそうです)

結局、白石が心配した「バラバラになっていく」救命チームのメンバー達はどうなったのか。

・藍沢はトロント行きを決めるが、それまでは救命に。
・緋山も周産期医療センターではなく湘北に残る
・藤川も結局、脚を引きずりながらだけど、整形ではなく救命に。
・灰谷も名取も横峯も残留。
・雪村、冴島もそのまま。

相変わらずのメンバーで進んでいく・・・というシーンで終了。

 

もう2つ気になったのは、黒田先生と緋山先生の恋の話。

まず黒田先生については、白石先生が、黒田先生のことを言及。結局黒田先生の出演はなかったですが、前のシーズンとちゃんとつながっているんだと、感じられるさり気ないセリフが良かったですね。

 

緋山先生の緒方との恋愛ネタは当初不倫なのか?という疑惑もあって賛否両論でしたけれども。1話ごとに1エピソードが消化されて行くと思っていたので、ここまで長くなるとは思っていなかったです。

でも最後は丸く収まりました。彼氏の前では可愛くなったり、おしゃれしている緋山先生が可愛かったです。最後まで見てみて、緋山先生良かった拗ね~と思いました。

Sponsored Link

コードブルー3 続編はあるのか?

コードブルーが21時から始まる直前。
ネプリーグで、「みんなが気になる、続編は?」という2択に、座長の山Pは続いていくでしょ・・・と言いながら、コードブルー本編が始まりました。

まぁ、7年(8年?)の時を経てシーズン3ができたので、続編があるかないかとか、先のことはとにかくわからないけれども。

藍沢がトロント大学へ行くことになったので、たぶんドラマの続編は数年後とかなんでしょうけど。

ラストでは、映画化決定の文字が。

2018年公開だそうです。

こんどは、チームの人間関係や医師としての在り方云々もそうですが、
イッパシになったみんながバシバシ救う医療映画を見てみたい!

と個人的には思いますね。

ドラマ感想はこちらもどうぞ
黒革の手帖 最終回 ネタバレ感想!武井咲のラストの微笑みの意味は?

過保護のカホコ 最終回ネタバレと感想!高畑充希の演技がすごい!

最後までご覧いただきありがとうございます。

 - 2017年夏ドラマ, コード・ブルー , , , , , , , , , , , ,