かぼちゃを電子レンジで丸ごとチンは何分?柔らかくなり過ぎないために

   

Pocket

固くて切りにくく、力もいるかぼちゃ。
かぼちゃを下ごしらえするときに、電子レンジを使う方もいるのではないでしょうか。

しかし、丸ごと入れて、中身が出てこないのか心配になりますよね。
結論から言うと、かぼちゃは、丸ごと入れて電子レンジでチンをしても大丈夫。

チンだけで、そのまま食べれるまで柔らかくすることもできます。

丸ごとチンは何分が目安なのか、電子レンジを使うときの注意点をまとめてみました。

Sponsored Link

かぼちゃを電子レンジで丸ごとチンは何分?

かぼちゃの重さや大きさによって、丸ごとチンの時間も変わってきますよね。

よく言われているのは100グラム2分(600W)

ココを参考に、500グラムなら10分程度という事になります。

ただ、下ごしらえ用ならば少しの時間加熱して、爪が立つぐらいの柔らかさになればOKなので、
実際は丸ごとでも5分程度で切り上げてしまっても、十分、包丁が入り易くなります。

丸ごとの場合は、水で良く洗い、サランラップに包み加熱します。

水分はふき取らなくても大丈夫。水分がある方が、蒸されて程よい柔らかさになり、甘さも増します。

かぼちゃの大きさとグラム数の目安は?

かぼちゃを丸ごとチンする場合、重さの目安が気になりますよね。

一般的な大きさのかぼちゃは、1キログラム~1.5キログラムもあるとされています。

4分の1カットならば、250~375グラム。

ですが、スーパーなどでは400グラムを超えていることもあるので、注意してみてください。

ちなみに、かぼちゃのたねとわたの部分も別々に調理すれば食べられます。
私は、他の野菜の切れ端をダシにする「ベジブロス」を作る際にも、かぼちゃのたねや綿を使っています。

Sponsored Link

柔らかくなり過ぎないために

かぼちゃを水分ありで加熱すると、甘くすぐ食べられるぐらいに柔らかくなりますが、
電子レンジによっては「ムラ」ができることがあります。

私がなんどか丸ごとレンジで加熱した際は、お皿に接している下の面が柔らかくなることが多いです。

柔らかくなり過ぎないためには、

1、こまめに加熱
2、裏返す

ようにしています。最初は手間がかかりますが、電子レンジによっては、根菜を温めるモードなど色々な機能がついているので、
一度計ってみるのもよいかもしれません。

また、かぼちゃをくりぬいて、中にスープを入れ丸ごと食べたいときは、
蓋となる部分を下にしてレンジを入れています。

蓋となる部分が万が一柔らかくなりすぎても、スープを入れる底が抜けることが無くなります。

ということで、かぼちゃの丸ごと調理方法をまとめました。
固いかぼちゃですが、レンジであたためるだけで、ずいぶん簡単に調理ができますので、ぜひ試してみてくださいね。

こちらもどうぞ
トウモロコシは電子レンジで何分? 皮付きだけとラップの場合

 - 気になって調べたこと, 食べ物・グルメ , , , , , , , ,