引越しの見積りをネットで申し込むときの注意点は?訪問日をまとめるべし!

      2017/10/28

Pocket

引越し ネット一括 見積もり 訪問日 営業マン新生活に向けての引っ越し準備は、何かと大変ですよね。
独り暮らしの時は気にしませんでしたが、家族単位だと、
訪問して荷物を見積もってもらう「訪問見積もり」がほぼ必須ですよね。

私は、ここ数年、ネットで一括見積もりを申し込み、見積金額や業者のフォロー体制を吟味して決めています。

過去7回も引っ越しを経験しているブログ主流の、
引っ越しの見積もりを申し込むとき(特にネットで一括申し込み)したときの

体験談や注意点を書いていきたいと思います。

Sponsored Link

引越しの見積りをネットで申し込む前に準備すること

引越しは、出費がかさむので、節約できるならしたいところ。
引越の見積もりをネット(一括見積依頼)で申し込む前に、色々準備しておかねばなりません。

・引越先の住所が決まっているか

・引越をする日取りを決めておく

・入らない荷物(特に粗大ごみ)の整理

移動距離や平日・休日等の違いによって、引っ越し業者も金額が変わります。
また、近距離だと1日で済む場合がありますが、遠方だと夕方引き取り⇒翌朝に搬入という場合があるので2日かかる場合もあります。

引越の候補日は、本命と予備日といったように絞っておいたほうが良いです。

そして、営業マンもあまりにもざっくりした説明だと、実際に用意するトラックや人員配置が決めれません。

最低限、引っ越し先の住所、引っ越し希望日、持っていく荷物を決めておきます。
そっちの方が、見積もりから業者決定までの期間とエネルギーが少なく済みます。

後述してますが、引越の見積もり営業マンは、なんとか契約をするために、頻繁に連絡をしてきます。
正直言って、やり取りをするこちらもエネルギーを消耗するので、決断は早めにして、段ボール詰め作業に入りたい。
だから、出来るならこちらの要望はあらかじめまとめておいた方が、相手にも、こちらにも省エネになります。

ついでに、良い機会なので不要な荷物を整理します。
営業マンは、ベッドや大型のタンス、テレビ台などの個数を数えますが、
捨てる予定の家具が含まれてトラックが大きくなると、見積もり料金も上がってしまいますしね。

粗大ごみは月に1度しか捨てる機会がなかったり、引き取りに時間がかかったりと時間がかかります。
私は、引っ越しが決まったときに真っ先に、粗大ごみを捨てる準備に取り掛かります。

急な引っ越しが決まったその日にやるべきこと3つ!

見積もりの前の下準備が完璧になってから、訪問見積もりの依頼をします。



ネットで申し込んだら、レスポンスと電話攻撃がスゴイと思おう!

ネットで一括の見積もり依頼をするときに気をつけておくことは、電話攻撃です。

見積もりを出した後は、電話がかかってきます。

単身パックならいざ知らず、家族単位の場合は、荷物の量とトラックの大きさを調べに
「一度営業マンを・・・」と電話がかかってくる場合が多いですが、問題はその時間帯。

真夜中24時に一括でネットで申し込んでも、ひどい時は10分以内に電話がかかってきます。

大変だろうなぁと思いつつ、夜中の時間帯でもガンガンかかってくる可能性がありますので、
あらかじめ気をつけておきましょう

私は、夜中に来る業者はあんまり選ばないようにしています。コールセンターの担当さんも
夜遅くに大変だなぁと思うのですが、好みの問題です。

Sponsored Link

引越の見積もり業者の訪問日は1日にまとめるべし!

営業マンの見積もりの訪問日は、大体1日にまとめておくとスムーズです。

時間はだいたい1時間ないぐらい。これは荷物量にもよるかもしれませんが。
なので、1日フリーな休日を作り、MAX3~4件の見積もりをお願いしています。

私は交渉ゴトに慣れている方ではないので、
ライバル社にどれくらい相みつを取っているのか、もう一方はいくらで見積もりを出しているのか?
こういったことを気持ちいいぐらいストレートに聞かれて、タジタジになってしまいます(笑)

慣れてないことはあまりうまくできないもので、
「〇〇さん(業者名)はいくらでした~」とか答えてしまう方です(笑)

業者の訪問日を1日にまとめておくのは、

「ウチのところで決めてよ!トラックの配車もあるし!」
といった即決してほしい雰囲気になってきたとき。

「この後午後〇時に、もう一つ業者さんが来るのでまた連絡します!!!」

といって考える時間を貰うために、でも1週間も懸案事項にしないために、訪問日は1日にまとめるようにしています。

とはいえ、営業マンも、長い時間待たされると嫌だろうな~、と思ってしまうので、
その日のうちに決めて連絡しています。

急な転勤だったりすると、業者決めに時間もかけていられませんしね。

まとめと体験談

ということで、まとめです。

ネットで一括申し込む前に
・引越先の住所が決まっているか

・引越をする日取りを決めておく

・入らない荷物(特に粗大ごみ)の整理

依頼するときは

・ネット一括見積を依頼する時間帯に注意!

・見積もり訪問日は1日にまとめる!

訪問の営業マンさんの手腕で、トラックの大きさや置いていく段ボールの枚数の手配がスムーズになります。

私の過去の経験から、ベテランのおじさんが来たときが一番スムーズで、
適切な段ボール枚数を手配いただき、ぴったりな2t(ロング?)トラックで配送していただきました。

でも、その営業マンさんは、さらっと見回しただけだったんですよね。
いちいち家具の個数をメモせずにパパっと浮かぶみたいで・・・(笑)

凄~く感心した覚えがあります。

タッチパネルで入力して機械的に見積もりを出していく場合もありますが、
アナログも捨てたもんじゃない・・・なんて思った体験談でした。

 - 生活の知恵 , , , ,