引っ越し時に物干し竿を置いたままで大丈夫?処分方法は

   

Pocket

引越の荷物で圧倒的に多い忘れ物は、ベランダの物干し竿です。

引き出しや押入れ・クローゼットの確認は十分行っても、外にある備品は忘れがち。

また、転居先にすでに物干し竿が置いてある場合もあり、
大きな荷物を持っていくのは避けたい・・という気持ちになるときがあります。

ここに置いたままで転居しても大丈夫なのか?という疑問について調べてみました。

Sponsored Link

引っ越し時に残留物はアウト?

賃貸物件を出ていくとき、契約ガイドラインに原状回復義務が存在します。

つまり、入居時と同じ状態に戻してね、と「借りる前の状態に戻す義務がある」ということです。
原則として、荷物を置いていくことは、原状回復義務に違反することになります。

厳密にいえば、床につけたキズや、水回り(お風呂・台所・洗面所)の汚れまで
当てはまることになりますが、入居者では落とせないものは
クリーニング費用などプロに頼むわけですね。

故意につけたキズでない場合は、
入居の期間などで大家側にも費用を負担することになっており、
全ての原状回復費用が借りている側掛かるわけではありません。

契約書に退去時の費用や、備品ごとに大家と貸主の割合(入居年数による)が
定められている場合もあります。
物干し 物干し竿 引っ越し 処分 粗大ごみ

物干し竿を置いていっていい場合はあるのか?

物干し竿は、新居でもそのまま使えるとは限りません。

長さが足りないとき、逆に長すぎる場合。
新しい物件に物干し竿が付いているなどなど様々な可能性があります。

出来れば置いていきたい、使えるのだから新しく入る人に使ってもらっても‥と言った気持ちになりますよね。

ですが、現状回復義務があるため、基本は置いていけません。
ただ、置いていっていい場合もあります。

それは、大家さんや管理会社などに直接交渉してOKとなった場合。

個人的な経験談ですが、不動産屋さんよりも大家さんに直接聞いた方が、OKとなる確率が高いです。

それでも、現状は持っていくべきものなので、NOと言われたら処分をして下さい。

Sponsored Link

物干し竿の処分方法は?

物干し竿の処分するためには、材質と大きさを確認します。
アルミ・スチール・ステンレスといった材料でできているものが多いです。
多くの自治体は、不燃物・粗大ごみの扱いです。

処分方法は、

・自治体の粗大ごみ
・回収業者に頼む

主に2つの選択肢があります。

費用が安いのは自治体の粗大ごみに出す場合です。
粗大ごみのシールを貼る場合、長すぎるモノは切る必要があるなど、ルールに従って出せば、費用は数百円です。

粗大ごみの回収業者は、自宅まで引き取りに来てくれる場合もありますが、
人件費、交通費等の費用が掛かるので、自治体のごみに出すよりかなり割高になります。
(その場で見積もり&交渉をします)

回収業者に頼むと、物干し竿だけでは、正直割に合わない金額になりますので、
転居先で粗大ごみとして出した方が個人的には良いと思います^^

>※粗大ごみは月に1度しかないため、引っ越しが決まったら真っ先に確認するのがオススメ!
急な引っ越しが決まったその日にやるべきこと3つ!急な引っ越しが決まったその日にやるべきこと3つ!

私の場合は、仕事の都合で転勤が多く、大きなものは持ち歩かないように物干しロープを使っています。
洗濯ロープ 太巻き 5m ストッパー付 マイ・ランドリー2 ( 物干しロープ 洗濯物干し 洗濯用品 物干し竿 物干し用 )

私が経験したその他残留物の話

過去7度、引っ越しをした経験から、私が体験した残留物をご紹介します。
(1か所ではなく、転々する中で出会った残留物たちです)

・エアコン
・ガスコンロ2口
・物干し竿
・台所の水回り下などに使うラック
・ツッパリ棒

エアコンは、入居時に大家さんから注意がありました。

「前の住人が付けたもので、使用するのは自由だが故障したときのメンテナンスは自費で」
という条件で使っていました。

電化製品はメンテナンス費用もありますからね。
大家さんにとって備品が増えるのはかならずしも嬉しくないのだと、その時に思いましたね。

ラック・物干し竿、ツッパリ棒は、コンロについては、
入居にも退去時にも、そのまま置いていきなにも言われていません。

一度1階に住んでいたことがあるのですが、すのことレンガで「プチ」ベランダを作ったことがあり、
真上に住んでいた大家さんが、「使い勝手がよさそうだからベランダはそのままでよかったのに(笑)」
と言われたことがありました。

大家さんと普段からお付き合いがあると、色々融通してくれることがありますよ^^

 - 生活の知恵 , , , , , ,