精霊の守り人シーズン3(最終章)第1話のネタバレ感想と2話あらすじ!カームの髪型が気になる

   

Pocket

綾瀬はるかさん主演のNHK精霊の守り人シリーズ。
シーズン3(最終章)が始まりましたね!!

待ってたよ!シーズン2から8か月も!待ってましたよ~^^
最終章は、バルサ&チャグムの旅、ふたたび♪

原作シリーズの中でも人気な「闇の守り人」もまぜてカンバル編です!

最終章1話のネタバレ、あらすじ、感想です。

Sponsored Link

精霊の守り人シーズン3第1話のネタバレあらすじ

タルシュ帝国や新ヨゴのシーンもあったんですが、ボリュームが多いので、
ざっくりチャグムとバルサの部分の抜粋あらすじです。

チャグム(板垣瑞生)はバルサ(綾瀬はるか)と再会し、カンバルとの同盟を行うために北の王国へ向かう。 バルサは道すがら、バルサの養父ジグロ(吉川晃司)との思い出をチャグムに話す。

・(回想)ジグロはカンバルの王の槍だったが、バルサと逃げたことで追われていた。追手の刺客(王の槍)を全て倒したはずだったが最後に訪れたのは、ジグロの兄・カグロ(渡辺いっけい)だった。

・バルサから見て、カグロとジグロの戦闘は、まるで舞を見ているようだったと、チャグムに話す。

・バルサらはカンバル国へ到着。カンバルで出会った青年・カーム(降谷健志)に、あやしまれる。が、カグロに会いに来たというと、私はカグロの息子だと取り次いでもらうことができた。

カグロとバルサは1対1で会う。カグロはバルサのことを覚えていた。ジグロはある日突然裏切って消えた、知っているのはそれだけだという。バルサは、タルシュ帝国に関して伝えたいことがある、そのためにログサム王に会いたいとカグロに伝えるのだった。

・(カグロとの会合後)バルサはチャグムに「カンバル王国に同盟を結ばせるなら、ロタ王国と同盟を結ばせろ」とヒュウゴからの伝言を伝える。 チャグムはヒュウゴが生きていたことを知り喜ぶ。

・アスラ(鈴木梨央)とチキサ(福山康平)がタンダ(東出昌大)のところに訪れる。アスラはまだ言葉が戻らないが、ノユークの世界の異変を感じ取っていた。そんな時。タンダの兄が訪れて、徴兵にあいそうな弟の代わりにタンダが変わりになってほしいというのだった。。

・カグロは、カンバル国王・ログサム(中村獅童)に会いに行く。ロタとの国境で新ヨゴの皇子らしき2名をとらえていると伝える。 ログサムは、バルサの名前を聞き、ジグロと一緒に逃れた子供が生きていたことに気が付く。

・カームはバルサ(とチャグム)に向かって、お前たちは捕らえられる運命だという。
「ジグロが裏切ったせいで、一族は辛酸をなめていた、ジグロは一族の裏切り者だ」というカームに対し、
バルサは、カグロはジグロの槍の腕には全くかなわなかったのだ、しんだふりをしてやったのだと言い放つ。

カームとバルサの槍の対戦はバルサが勝利。
チャグムとバルサは2人でカンバルの王都への向かうのだった。

 

シーズン3最終章の感想!カームの髪型が気になる

ここから感想です。
相変わらず、槍アクションがとってもカッコよいですね!!

冒頭の、ジグロVSカグロの「まるで舞いをみているかのようだ」というシーンが圧巻で、これを見れるだけで幸せだと思ってしまいます。

1話のラストは、ジグロをディスったカームと、キレたバルサの対決。
カームも決して弱いわけではないと思いますが、おそらくジグロ越えのバルサにあっさりと負けてしまいました。

カームの髪型が面白かったですね。両方刈り上げスタイルでした。

頭の上のほうだけ伸ばしてロングにした、説明する語彙力が足りない斬新な髪型をしていました。

(帽子を投げるとき映った右側もボウズでした、でも左側もボウズでしたw)

カームの髪型に名前があったら知りたい。。そう思いました。

カームの父がジグロの刺客になっていたというのは、
原作シリーズをいくつかつなげるために少し改変されていますね!

精霊の守り人ドラマと原作の相違点

最終章は、シーズン1や2と違って原作と一番違うかもしれません。
(けれども最終結果は一緒だと信じたい)

気が付いた原作との相違点をまとめます。

・原作では生きていないログサムが生存(どの国も為政者は悪役に見えるw)
・ジグロの最後の追手はカグロ(原作は別の人物)
ラウル王子は新ヨゴに来るという噂
(綾瀬はるかさんが制作記者会見で、ラウルとの対決があったことを暴露したらしいw)

人物が1名抜けている分ストーリは若干違ってますが、
その分、ログサム王が生々しい悪役になってわかりやすくなった気もします。

これは、原作で言う2作目「闇の守り人」と最終作「天と地の守り人」をまとめているからだと思います。

ドラマでは、どのようにチャグムがカンバルとの同盟を結ぶのか楽しみです。

Sponsored Link

守り人最終章2話のあらすじ

第2話では、なぜバルサと養父ジグロが追ってがつくほど逃げなければならなかったのか、
そこが明らかになるようです。

シーズン1でログサムを狙っていたところで、少し説明があったのか?ちょっと覚えていませんが、
ここで、全部が明らかになりそうですね!

バルサ(綾瀬はるか)とチャグム(板垣瑞生)はカンバル国に入り、国王・ログサム(中村獅童)がタルシュ帝国と通じていることを確信する。ジグロ(吉川晃司)の兄・カグロ(渡辺いっけい)との再会の中、バルサは、ジグロと父・カルナ(上地雄輔)の友情と深い悲しみを知る。そして、ジグロがバルサを連れて逃げた理由、バルサの記憶に潜むカンバル王国の奥深く潜んでいた陰謀がバルサの中で解き明かされる。

 

上地雄輔さん・・・意外な自分で登場です。

 - 2017年秋ドラマ, 精霊の守り人 , , , , , , , ,