ドクターX10話感想&最終回あらすじ 城之内(内田有紀)を救えるか?

      2016/12/16


こんばんは~、
科捜研の女に引き続き、21時から見ました、ドクターX。

 

 

木曜日は強い女のドラマが目白押しですね。

 

 

 

最終回に近くなって、いまさらあちこちのドラマを

ダイジェストで追いかける女がここに一人。

 

いや、ちょっとね、仕事が忙しくてね。

 

 

なんて言い訳を誰かにしても、聞いてくれるひとあまりいないんですが(笑
 

Sponsored Link

 

ラスト2回!ドクターX 10話あらすじ

ある日、神社を参拝した大門未知子(米倉涼子)は、驚きの光景を目にする。「東帝大学病院」の外科部長・西園寺猛司(吉田鋼太郎)が、どう考えても自分の妻ではない妊婦に、安産のお守りを買ってあげていたのだ! また懲りずに不倫か!?…と訝しがる未知子だが、真相は分からずじまいで…。

まもなく「東帝大」に、中国の大財閥を率いる王超(矢野浩二)の妻・十希子(黒木メイサ)が出産のため入院する。なんと、彼女こそは西園寺と一緒に神社にいた妊婦だった! しかも検査の結果、十希子は心臓疾患を発症しており、このまま妊娠を継続すれば母体の命が危険にさらされることが判明する。西園寺らはうろたえるが、未知子は自分が心臓のオペをすると志願。だが、十希子は毅然とした態度で、「心臓の治療はしなくて結構。私の命よりも子どもの命を優先してください」と言い放つ。

シングルマザーの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)は十希子の思いに理解を示すが、どうしても納得がいかない未知子。副院長の久保東子(泉ピン子)も、真っ先に十希子を治療すべきだと主張する。そんな中、未知子は必死に、十希子も子どもも両方救う術式を模索するが…!?

しかし、その先には大きな障壁が立ちはだかっていた。なんと非情にも、十希子の前に“さらに残酷な事実”が突き付けられることに! そして…未知子の行く手にもまた、“残酷すぎる事実”が待ち構えていた――。

<超はしょった感想>

今回、黒木メイサさん、妊婦役で登場。

超お金持ちマダム。え、奥様は30歳だそうですよ。

 

 

もっと若いイメージあったから、30代のイメージが意外でした。

ちょっと痩せて、顔の輪郭がほっそりしすぎたような気もしましたが・・・

 
流ちょうな中国語しゃべってました。

妊婦さん(黒木メイサ)「私の主人が誰だかご存知?」
さらっと言っていましたね。

二人目のお子さんも妊娠報告があったばかりですし。

 

いや、ドラマの設定を忘れて赤西仁さん想像した人は結構多そうな気がしました。
オペを募る挙手を募る回。
ドクターX
「背中がかゆいんだよ~。」ちょっと笑いました。

 
ドタバタ騒ぎつつ、子どもだけでなく、母親も救うためのオペに向かう。

 
手術の結果に疑いはなかったけれど、
やっぱりペースメーカーがゼロの表示が長いと、ひやひやものです。

(20時からの科捜研の最終回よりひやひやした・・・)

 

 

赤ちゃんの脈拍って超はやいんだよな~なんておっとり観ていたら、

 
大門先生、もうオペに参加しないで。
またキッツイ一言を放つ。

 
城之内先生、一回の失敗でも許されないんだね(的なセリフだったかと)
どうでもいいですが、

口もとに手をもってきて考え込んでいる風の

城之内先生・・・たまらん。

 

 

 

大門先生、城之内先生の症状、気づいていたらしい、

何故ほっといたんだ~!!!

Sponsored Link

ドクターX最終話あらすじ。米倉涼子は内田有紀を救えるのでしょうか?

城之内先生、完全切除が不可能な局所進行膵がん。だそうです。

私失敗しないので、すからね?

身内オペ、再びとのこと。

米倉涼子 コメント

城之内先生は未知子にとって、かけがえのない仲間。第1シリーズから蓄積してきた関係性があるからこそ、未知子が城之内先生のオペに挑むという展開に対して感じるものは大きかったです。この一連の流れを内田有紀ちゃんと一緒に演じるたび、「2人は患者の病気を治すために、今までずっと一緒に闘ってきた“同志”なんだな」と再認識しました。有紀ちゃんと私は年齢も同じだし、『ドクターX』で演じる役も心が通っている設定なので、とってもやりやすかったし、私自身の心もすごく動いて…! いつも未知子を演じるときは一定のスタンスを保っているのですが、今回は設定が設定だけに、久々に「芝居をしているな!」という感覚を覚えましたね。第10話から最終話にかけて、城之内先生とは辛いシーン、心が痛むシーンがたくさんあるけど、お芝居という面ではとても充実感がありました。
第4シリーズの撮影も今日で最後。やりきりました! ニューヨーク・ロケから始まって、撮影期間がすごく長く感じられたのですが、本当にたくさんの皆さんが見てくださったことが、私たちの救いとなりました。『ドクターX』に懸ける思いや努力が報われたな、と感じています。最終話に向けての盛り上がりを、私たちも現場にいて感じていますし、皆さんのご期待に沿う内容になっていると確信しています。ぜひ最後まで見てください!公式サイトより

ええ、ぜひ最後までにますです。

ではでは~。

 - 2017冬ドラマ , , ,