原稿用紙2000枚(400字詰)って、本にすると何ページ?

ついに来ました、ハルキストにはお待ちかね!

作家の村上春樹さん(67)の新作が!

 

 

来年2017年2月に新潮社から出ることが発表されました。

タイトルは未定(16年11月時点)で全二分冊。

 

普通に考えてハードカバー(文芸書)ですよね?

ってことで、実際どんだけ長編になるか、

他の本と比較しながら勝手に予想してみました。

|

スポンサーリンク
|

原稿用紙2000枚(400字詰)って本にすると何ページよ?

会話が多いとか、文章が多いとかで色々変わってくると思うけれど、

1ページあたりおおよそ700字前後らしいですよ!

 

 

会話文とか、章立てとかでページを変えたりがあるので

原稿用紙の何パーセントが文字で埋まるかによりますね!

 

 

例えば原稿用紙の80%が文字で埋まると考えて、

400字×2000枚×0.8÷700ぐらい?

 

 

・・・ちなみになんですけど、

最近のGoolgeさんは、検索窓に

数式そのままを打ち込むと、答えを出してくれるのです。

 

 

「400×2000×0.8÷700=」とコピペすれば教えてくれます。

ジャン!914.28ページですか・・色々含めておよそ1000ページ!!

1Q84,村上春樹,2017年2月,Book1

村上春樹さんの近年の作品で記憶に新しいのが「1Q84」

大ブームになったあの本も

相変わらずの独特の世界感でしたよね。

1Q84 はアマゾンで調べたところによると

Book1 554頁
Book2 501頁
Book3 602頁

合計 1,657ぺージ!

 
これよりも少ないのかな?
ま、まぁ、上巻でだいぶハルキズムにあてられた私なので

2017年の新作もきっと買うけれど、ハードル高いかも・・・

 

 

後思い浮かぶのが、

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」

がペーパーバックで421ページ。

 

 

多崎つくる君が、過去の思い出を手繰りながら、

淡い感情を抱いていた人

遠くヨーロッパまで会いに行く話。(と記憶している)

たしか陶芸が好きな彼女じゃなかったっけ?

脱線すみません。

あれより多そうですね。
||

その他有名作家の長編作品は何ページよ?

 

私が真っ先に思い浮かんだのは、京極夏彦さんの

2016年秋に発売した近著

「虚実妖怪百物語」

1900枚の超大作!と帯にあった気がします。

 

 

 

あれ?これは序・破・急の3分冊だったなぁ。

 

この本、編集者とか出版社とか業界の人たちが出てくるんですよね。

そして、無茶無茶で変な人たちが、ニアミスな感じで事件に巻き込まれていく。

 

 

蘊蓄(うんちく)が多くて原稿用紙あたりの文字数が多いのかな。

 

 

だんだん計算が判らなくなってきた・・・

とにもかくにも、あと3か月、新作を心待ちにしたいと思います。

ではでは~