文庫Xのネタバレ感想。文庫Xの正体が解禁になったので書いてみた

2018年8月14日

こんにちは~。

 

 

2016年に読んだ中で個人的に1,2を争うぐらい

印象的だった書籍の感想を書いてみたいと思います。

それは 文庫X。
もともと2013年に発売されていたのですが、

私は文庫版(2016年6月発売)を読みました。

2016年12月9日17:30より文庫xの正体が明かされるとのこと。

色々なサイトで、あらすじは出ていると思うので、

「本当に超絶!むちゃくちゃ個人的な感想」メインで書きたいと思います。

 

タイトルは掲載しませんので調べてくださいね。ネタバレも含みます。

|

スポンサーリンク
|

ネタバレあらすじ。文庫Xはある事件の取材の記録を書いたノンフィクション

 

事件の名称は長ったらしくて恐ろしいです。

 

でも「足利事件」は聞いたことがありました。

私が読んだ時の前提はこれだけ。

 

 

すごーく、かいつまんで書くと、

著者がテレビの取材で未解決事件をピックアップしていたら、

数年おきに、同様の手口の事件があると気づいて

取材を進めることにした。

 

証拠とか、裁判の記録を丁寧にたどっていくうちに、

「とんでもない闇が出てきた」ということ。

 

その闇が、ドラマの脚本を見ているのか?と

疑いたくなるような感じなのです。

 

足利事件は、真犯人ルパンを追い詰めるための途中過程

 

足利事件はDNA鑑定が決め手となった最初の事件です。

 

DNA鑑定「絶対説」を覆す過程で、

 

どのように考え、どのように報道していったか

ニュースを出すタイミングにセンシティブになって

 

戦略的に動いていった所とか、ページをめくる手が止まらなかったです。

 

 

とりわけ印象深かったのは、

 

こいつだ!という「答え」ありきで証拠を作った節があったり、

 

こいつだ!とするために、不利な目撃証言が黙殺されていたこと。

 

なのに、証言した人(目撃者)は「自分の証言が役に立った」と思っていたこと
||

小さい子供がいる人にも読んでほしい。真犯人はルパン似の男、まだ解決していません

書籍では、足利事件を含めた5件が連続しているとしていて、

真犯人がいるのでは?という前提で取材をしています。

 

目撃された背格好が「ルパン三世」に似ているから

「ルパン」と名付けられています。

 

そして、その人をほぼ特定していることも書かれています。

そのために情報提供していることも、明かしています。

真の犯人を追い詰めてほしいというのが著者の願いなのです。

 

 

でも解決しない。ここからが本当の闇。

書籍によると、ルパンはまだ普通に生活しています

なぜなら動くべき機関が動いてないからです。

動くと別の事件のマズイコトが出てくる(と著者は考えている)からなのです。

 

 

思ってみれば、最近も、勝手に闇を感じる事件が最近ありました。

 

ASKAの事件。

どこかの記事で見た気がしますが、

ミヤネ屋で電話インタビューするぐらいの時間があった、

つまり、逃げる時間があったということですよね。

そういうことにならないのでしょうが。

 

なぜ実況中継できるほど、家の周りに人が集まっているのか?

 

マスコミが何をもとに取材しているのか?
公式発表⇒マスコミ⇒私たち
この情報伝達方法に、私たちはかなり頼っています。
逆に公式発表なしでマスコミが何か事件を書くと、
それが間違いだった時、名誉棄損になる場合もあります。
う~ん、難しいぞ。
なんか、グダグダになりましたが、読んだ後はしばらく寝付けませんでしたね。
ぶっちゃけ、タイトル見ただけでは手に取らない!
810円+税を払ったからこそ、見ようと思った。

 

・・・タイトルが怖いので。
読んでよかった。ぜひ読んでほしい。
ではでは~