相棒16 15話ネタバレと感想と16話あらすじ!次回はさっちゃん!

2018年8月14日

相棒16の15話はギャグ回。

先週の300回記念とのギャップがありますね~。

所々で笑える回でした。
 
ホームレス・雅夫の顔芸もなかなか面白く、右京さんの目がランランと輝いていて(幽霊話大好き)で楽しそうでした。
 
(次回はこちら:相棒16 第16話のネタバレ感想。さっちゃんが一件落着で良かった

ということで、ネタバレの感想です。
 

スポンサーリンク

 

相棒16 15話あらすじ

 
15話「事故物件」
景品交換所から盗まれたお金の行方を調べていたら、事故物件に住むあやしいホームレスに出会った話。

あらすじ

景品交換所から盗まれた400万円が目の前に捨てられて、ネコババしたホームレスの雅夫。
事故物件の部屋を借り入れ、風呂場の天井にネコババしたお金を隠そうとしたところに、前に住んでいた爺さんの手記を発見してしまう。

前に住んでいたのは、大富豪の矢部泰造だった。自分は生きていないだろうという内容と、犯人を見つけたものに賞金を渡すという手紙から、雅夫は犯人捜しを始める。

一方、盗まれた400万円の行方を追っていた特命係は、羽振りの良くなったホームレスの情報を聞きつけ雅夫の部屋へ。
雅夫がとっさに、富豪の幽霊が見えたという話をしたため、右京さんの目がランランと輝き始めた‥

大富豪矢部家は相続争いでモメていたことを知った右京さんは、矢部家へ。
偶然、ホームレスの雅夫と鉢合わせ、一緒に矢部家の聞き込みを始めたのでした…

15話ネタバレと感想

 
第15話は、ホームレス雅夫が存在感を放っておりましたね~。

こういう、オトボケキャラの視点も入り混じりながら捜査していく感じ、面白いです。

さてさて、ホームレス雅夫役の方、絶対どこかでみたことあるんだよな~、と思ってたんですが、
HEROと映画のテルマエ・ロマエで見たことがあったみたいです。

あと、ドラマの黒革の手帖の長谷川御大のお家が矢部邸だった。

ストーリーとしては、富豪のじぃさんが早くいなくなってほしいと思うゲスイ家族たちの工作を、右京さんがひも解いていく話。最初は、家族全員の仕業か?(オリエント急行なのか?)と思いつつも、人の好さげな孫が、苦しんでいるジィちゃんを見捨てたというお話。

動機は留学費用1500万円もらえなかったから。このツッコミどころ満載の家族もギャグなんでしょうね。

ギャグと言えば、右京さんの「幽霊」ということばにルンルンになっている一方で、仮病で立ち去るぐらいの幽霊嫌いという冠城君。歴代相棒は、幽霊が苦手タイプが多いのは面白いですが、一番敏感なのかな?と思いました。

そろそろ、5代目的な話題がニュースに出てくるかもですが・・・私は冠城君から見ているので(年齢を重ねてからの反町が好き、若いころのは見ていない)新参者でございます。

こういう新規層もあるわけだから、このまま続いてほしいな~というのがひそかな願いであります。

だって、聞き込みでケーキねだられて、経費で落ちないとか。
鑑識の益子さんをネコちゃんの写真で買収するとか。こういったギャグ回で楽しみたいですもん。

 

スポンサーリンク

 

16話予告・あらすじ

16話は、さっちゃん!

さっちゃん(月本幸子さん)は、”ついてない女”であります。

初回はシーズン4から。右京さんに逮捕されて、服役中に事件に巻き込まれながらも、調理師免許取得。
花の里2代目おかみになったのがシーズン10から。

大概、いい話が持ち込まれると・・・・ていうか予告をみると恐ろしいシーンが。

イイ感じの常連客さんが、容疑者になってしまうという話のようです。

消費者金融で乱闘騒ぎがあり、社員の男性一人が死亡。乱闘を仕掛けた烏丸(池田成志)という男が刺され、意識不明の重体に陥るという事件が発生した。烏丸は最近、花の里の常連客になり、幸子(鈴木杏樹)とも親しくしていた人物だった…。事の発端は三週間前にさかのぼる。ふとしたことで幸子と知り合い、花の里に通うようになった烏丸。何者か気になった亘(反町隆史)が調べると、彼は元暴力団員で傷害の前科があると判明。しかし、20年以上前に足を洗ってプロボクサーとして活躍し、引退後は肉体労働で汗を流しているという。幸子と烏丸が意識し合っていることを察した亘は、静観している右京(水谷豊)を尻目に、二人の仲を取り持つ。そのデート中、チンピラとトラブルになった烏丸が逆上し、相手にけがを負わせてしまう騒動が起きて…!?

レギュラーから外れるのか?気になるところですね。