銀魂2映画の感想ネタバレ!真選組動乱篇は神回か?おもしろすぎ

2018年8月20日

 

銀魂,銀魂2,実写,映画,ネタバレ銀魂2「掟は破るためにこそある」は8月18日(金)公開。

1作目も見てますが、2作目は笑いと泣ける話が良い感じにミックスされてメチャクチャ面白い!

運よく、dTVドラマの試写会があたったので、ドラマを見ちゃったんですよね!

ここまで来て映画を見ないなんてありえない!ってことで観てきましたので、ネタバレ少な目の感想です。

1より面白いかも?見るかどうか迷っている人がいたら、参考になれば!

スポンサーリンク

銀魂2実写映画のあらすじ

銀魂2の実写映画第2弾は、コミックでいうと

・将軍接待篇

・真選組動乱編

を混ぜた話となっています。

ざっくりあらすじ

金欠で家賃の支払いができなくなった万事屋の3人は、バイトをすることを決意。しかしバイト先で天下の将軍様“将ちゃん”に遭遇します。そのころ真選組では内部分裂が起きており、万事屋の3人と将ちゃんを巻き込んで、真選組始まって以来の大乱闘が勃発してしまいます。
引用:https://ciatr.jp/topics/308543

バイトがない万事屋銀ちゃんたちが、手っ取り早く稼ぐためのバイト先は、お妙さんの勤め先「すまいる」(キャ〇クラね)。

偉い人が来るというのに女の子が足りず、銀ちゃんも女装で参戦したところ、現れたのは天下の大将軍・徳川茂茂(将ちゃん)だった。クビが飛ぶ覚悟で銀時と新八は接待を始めるが、王様ゲームならぬ将軍ゲームが始まってしまい・・

一方、将軍の護衛をしていた真選組副長・土方(柳楽優弥)は、首になにか攻撃されヘタレへと変化してしまう。襲われてた土方を助けたのは、真選組内でメキメキ頭角を現し、局長の座をねらう伊東鴨太郎(三浦春馬)だった・・

というような感じで進んでいきます。

注目!銀魂スピンオフ!ギャグ三連発のドラマはdTVで配信中!
↓31日無料キャンペーン中ならタダで見れちゃいます↓

ブログ主は、一足先に見てきましたよ!こっちもおススメです!
銀魂2ドラマの感想!おもしろいわ!先行上映会行ってきた

銀魂2実写映画の感想!(ネタバレ少なめ)

将軍が出てくるパートはコメディとパロディ満載で、真選組パートはアクションも迫力がありかつラストは泣ける話でした。

ストーリーのネタバレはなるべく入れずに感想です。

原作読んでなくても大丈夫?

こういう原作ありきの実写映画は、どうしても原作を読んでないと…みたいな風になりがちですよね。

でも昨日、原作知らない家族がパート1のテレビ放映みてハマってましたから、大丈夫だとおもいます^^

いたるところにネタ満載なのが、勇者ヨシヒコシリーズを手がけた福田作品の魅力ですので。(といいますか、出だしからネタ満載です。)

本編がどこから始まるのかわからない仕様!

映画館で映画館のパロディを見るというなんだか説明が難しい(でも笑える)出だしで、楽しめるネタが入っています。

マンガアニメを見てなくても、ヨシヒコシリーズのようなシュールな笑いがOKな方は全然大丈夫。

アチコチに散りばめられたネタのうち、少しでも知っているところがあればのめり込むことができるんじゃないかと。

スタジオジ〇リ、エヴァン〇リオン、ガ〇ダム、手塚治虫の某キャラ、相棒等々色々入り乱れていますので。

とにかく館内は爆笑でした。

【映画】銀魂2のパロディネタのまとめ!原作との違い他

 

将軍接待篇

将軍接待の部分は、将軍が「すまいる」(キャバ〇ラ)に来る話+バイト先の床屋に現れる”将ちゃん”の2本立てとなっていました。

シリーズ1に引き続き、モザイク連発(笑)

小栗旬さん菅田将暉さん、岡田将生さんの女装姿はある意味目の保養wですし、そんなイケメンの面々が「しゃくれ顔」になったりするところもおもしろいです。

イケメン主役級がそろって「おめかし」して、真面目にギャグやるって中々ないですよね!女性陣もヤバい変顔とかおしろいぬりたくって変顔とか、見どころ満載。

将軍役の勝地涼さん、体張って面白かったw他の面々は将軍の姿みて笑わなかったのだろうか?気になるなぁなんてみてました。

真選組動乱篇 最高にカッコイイ

真選組動乱編といえば、史実そのものをパロっている訳で、さらに福田監督のいろんなモノが詰め込まれてパワーアップした感じでした。

伊藤鴨太郎(三浦春馬)のモデルとなった史実を知っていれば、結末はなんとな~く想像できますが、派手はアクションアリ涙ありで良かったです。

ぶっちゃけ子どもと一緒に映画見に来て、鼻すすってる方結構いましたよ!

この回の見どころは、なんといっても土方(柳楽優弥)VS伊東(三浦春馬)です。

とくに柳楽優弥さん演じる土方十四郎は、クールな副長とヘタレ「トッシー」を一瞬で切替えしなければいけません。そしてそれが目力で違いがわかっちゃうのがすごい。

ヘタレトッシー、本当にヘタレでした。クールな副長とのギャップにやられますね。

対する鴨太郎演じる三浦春馬さんも、短髪&銀髪&あのメガネでやばすぎた。ぶっちゃけGACKTに激似だったって思った人が多いんじゃないでしょうか?

三浦春馬さんの悪役をあまり見たことなかったけど、マンガそのままのビジュアル!

それだけじゃなく、主役の銀ちゃん(小栗旬)だって見せ場はもちろんあります!

 

銀ちゃんは、窪田正孝さん演じる河上万斉との、ガチバトル!

銀ちゃんと万斉のバトルは戦闘場所が印象的でした。あんまり書くとアレですが、原作と違って将軍ネタと混ざっているので「福田作品お得意のパロディネタ乗り物(行き先はメイちゃん?)」つかってスタイリッシュなところに行くんですよね。

ちょっと原作とちがうのですが、とにかくアクションも激しく、近未来なところでバチバチで戦うのがキレイ。

まとめ

ということで、見てきた興奮冷めやらぬ感じで、ざっくり感想を書きました。

主役級がいろいろんなところで色々ヤラかすから、全てを網羅するなんて1回じゃ無理!

ズラ&エリザベスだって、神楽ちゃんだって、沖田総悟(吉沢亮)だってアクションシーン良かったし。

エリザベス、脚見えてるし。

松平片栗虎(堤真一)さんとか全然違和感なくとけ込んでるし。

近藤局長(中村勘九郎)やっぱり見得きってるし。

相棒の鑑識の人(六角精児)はたぶん2回見た気がしますよ!

銀魂ハンパねぇって!だって真面目に主役級の役者にギャグさせるなんてできひんやん!普通。

凄く面白かったので、見ようか迷ってる人の参考になれば幸いです!

こちらもあわせてどうぞ