フジテレビSUITS/スーツ1話のあらすじと感想!鈴木保奈美が美しすぎませんかね

織田裕二さん主演ののSUITS・スーツ1話のあらすじと感想です。

同じ画面に織田裕二&鈴木保奈美の2人が入るなんて、やっぱり「来る」ものがあるのは私の気のせいでしょうか。

鈴木保奈美さんが出だしから美しすぎますね…

しかしながら、ドラマ自体はアメリカンな雰囲気も出ていて(まぁリメイクだしね)

そうか、ラブストーリーじゃないんだっけな、という感じでした。

スポンサーリンク

SUITS/スーツ1話のあらすじ

『幸村・上杉法律事務所』は、幸村チカ(鈴木保奈美)が代表弁護士を務める、日本四大弁護士事務所のひとつ。敏腕弁護士を父に持つ有能なパラリーガル・聖澤真琴(新木優子)、頭脳明晰で人心掌握術にも長けた甲斐の秘書・玉井伽耶子(中村アン)、ハーバード大学のロースクール出身で甲斐をライバル視している弁護士・蟹江貢(小手伸也)らが働いている。

事務所の稼ぎ頭である甲斐は、出資者としての地位を持ち、経営にも参画するシニアパートナーへの昇格を狙っていた。チカは、そんな甲斐に、昇格の条件としてパートナーとして働く若手の弁護士“アソシエイト”を雇うよう命じる。気乗りしないものの、その条件を受け入れた甲斐は、新人採用の面接会を開く。そこに偶然やってきたのが、優れた頭脳と一度見たものは決して忘れない完全記憶能力を持ちながら、悪友・谷元遊星(磯村勇斗)の影響でその日暮らしのフリーター生活を送り、さまざまな業種の替え玉受験にも手を染めていた鈴木大貴(中島裕翔)だった。その能力に興味を抱いた甲斐は、大貴を採用することにするが……。

SUITS/スーツ1話の感想

最初に断っておきますと、原作版を見ずにあえて1話を見てみました。

・織田裕二&鈴木保奈美のコンビが、ボス&部下の関係になってる~
・甲斐さんと鈴木の出会いが、斬新すぎた
・あ、カメ止めの監督~~~!!
・リメイクと比較しないなら結構たのしめるぞ!!

鈴木保奈美さん美しすぎます・・

原作を見てないですからね・・・ボスが女性とはしらずにおりましたゆえ。

鈴木保奈美さんのボス目線が斬新でした。
原作はもっと怖そうな役ですけれど、これはこれで日本のファンには目の保養ですよね。

テレビ画面でみても美しい・・

ボス&部下の関係でありながら、2人が映るシーンはやっぱり緊張感ありましたね。

(その、ボスが怖いという意味ではなく、昔の残像という意味で)

甲斐さんと鈴木の出会いが斬新

悪友にハメられて危うく犯罪に巻き込まれるはずだった鈴木君(中島裕翔)、偶然入った部屋で甲斐さん(織田裕二)の秘書(中村アン)のお眼鏡にかなってしまう‥‥

実際に、事情を話してたら舌を巻くほどの法律の知識と記憶力!

こんな斜め上の出会い方って日本のドラマにはないんじゃないかなぁ?と思います。

何回も言いますけど、全然原作知らないので。

違法行為をして弁護士に仕立てようとしてるとは…

あきらかに黒をグレーにする剛腕さ、それをやっちゃってごまかしちゃう駆け引きが面白いのだと思いますが、後々尾をひきそうですね。

この辺が終盤に色々問題になって来る感じなんですかね。

スポンサーリンク

あ、カメ止めの監督~~~!!

織田裕二が連絡を取り合っていた私立探偵さんに、映画「カメラを止めるな」の監督が出ていました。

『カメ止め』の 濱津隆之さん。

あ、カメ止めの監督役のひとだ~~~!!

って思った方も多いのではないでしょうか。

あちらの映画もすごく面白かったですが、こうやってヒット作からTVへと活躍していってお茶の間へ認知度が広がっていくのでしょうね!

今後も出てくるのかなぁ。ちょっと楽しみです。

【映画】カメラを止めるなの感想!グロとか気持ち悪くても最後まで見て!

リメイクと比較しないなら結構たのしめるぞ!!原作ドラマとの反応ほか

やっぱり、比較すると日本ぽいのかなぁ。

秘書さんの裏面接とか、パラリーガルの冷たい態度とか、あきらかにグレー(経歴詐称)なのに物語が進むとか、日本の脚本からは生まれないと思うので、楽しんで見れました。


原作を見たい方はHulu かNetflixで配信中。見てみようかな。

原作ドラマのSNSまとめ。

まとめ

どうもテンポ感が、原作と違って遅めらしいですが、普通に楽しめましたけどね~。

カメ止めの監督さん、レギュラーかな。

来週も見ますぞ。